ホーム>ブログ>結露とカビ>断熱不良の壁内結露で発生するカビ
結露とカビ

断熱不良の壁内結露で発生するカビ


断熱不良の壁内結露で発生する壁紙下地のカビが
あります。



断熱不良壁内の結露による下地からのカビ

写真の様にマンションなどでは壁紙下地の石膏ボードを止める
ためにGL工法なるものを採用しています。

分かり易く言えば、石膏粘土のかたまりですね。
水分を大量に含んでいるので、水分が抜けるまで気が気では
ありません。

壁内が結露し易い状況だと、写真の様なGL工法のダンゴの
形にカビが発生します。

ただ、GL工法がカビることは意外と少ないのです。
むしろ結露が壁内に発生し、石膏のダンゴであるGLで止まる
ので結露が溜まりカビになるという現象が発生します。


本来であれば壁を解体して造り直す際に断熱補強をするのが
一番良いのですが、分譲マンションはそれが出来ない場合が
あるのです、

そういう時こそ、防カビ工事の出番になります。
強力な殺菌消毒を行い、防カビ施工することでカビが発生
し難い環境を作ることが出来ます。

但し、防カビ工事を行った場所を濡らし続けない様に配慮して
頂く必要があります。


防カビ工事後は、換気+空気の循環+乾燥です。
ホコリを貯め込んではいけません。
片付けや荷物の配置、置いてはいけない家具などの整理
をすることで、工事後の管理は楽になります。


部屋のカビでお困りの時は、防カビ工事をご検討下さい。
埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県を中心に関東一円に
対応しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.premo2003.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/505