ホーム>ブログ>賃貸住宅・官舎・社宅のカビ>賃貸マンションの壁紙下地の防カビ工事(東京都世田谷区編)
賃貸住宅・官舎・社宅のカビ

賃貸マンションの壁紙下地の防カビ工事(東京都世田谷区編)


東京都世田谷区にて賃貸マンション壁紙
下地の防カビ工事
を今日から2日間行っています。

今回のケースは、家具を置きっ放しにしてクロス壁紙と
下地であるコンクリート&石膏ボードにカビが繁殖して
しまったのですが、住み方を工夫するだけでカビ難くなる
と思うのは防カビ工事専門業者としてのエゴでしょうか?


賃貸マンションも建物ですから人間と同じように劣化して
来ますので、カビも発生し易くカビだらけの部屋になります。



築30年以上のカビだらけの賃貸マンション

築30年以上の賃貸マンションカビだらけの部屋


特に築30年以上の賃貸マンションはカビの温床に
なることもあります
ので、大規模なリフォームなどを
行わない限りカビと縁を切るのは難しいかも知れません。
大規模なリフォームをしてもカビ対策にならない
ことが多いために、防カビ工事の導入が必須です。



築30年以上の賃貸マンションはカビだらけの部屋になり易い
ので、通常の原状回復工事ではカビ対策とはカビを止める
ことは出来ないでしょう。

埼玉県・東京都・神奈川県・千葉県などには築30年
以上経過した賃貸マンションは多いと思います。

空室が目立つ賃貸マンションでは入居者の取り合いになっています。

現在、入居者がとても気にする「カビ」が如何に発生し難い
部屋か?が入居者が選ぶ1つの条件になりつつあります。
賃貸オーナー様の所有される賃貸マンションは
カビに強い部屋になっていますでしょうか?



賃貸マンションのカビでお困りの時は、プレモ
の防カビ工事をぜひご検討下さい。


埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県を含む
関東一円に対応しています。



 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.premo2003.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1013