ホーム>ブログ>カビ臭>気温が上昇するとカビ臭が気になり始める
カビ臭

気温が上昇するとカビ臭が気になり始める


埼玉県では日中の気温が25℃になった地域もあるくらい
今日は暖かいを超えて暑かった1日となりました。

早朝の放射冷却による冷え方を考えると4月は朝と夜そして
昼間の寒暖差が激しいことに驚かされます。

こういう寒暖差のある日が続くと、カビ臭が気になり始める
ものです。



和室壁のカビによる激しいカビ臭

和室壁のカビから発生するカビ臭


和室壁のカビについては、一番良いのが塗り替えだと
思っていますが、その前に剥がした後に防カビ工事を
行うのが必須です。
さらに、カビの発生状況を考えてベニアをぶつけて
下地を造り直して、下地に塗るのも1つの方法です。

カビ臭については、防カビ工事を強くお勧めします。
プレモでは、複数のカビ取り剤と殺菌に効果のある
薬剤を併用して使うようにしています。

カビ取り(漂白・脱色)と殺菌消毒は違います。
カビの色素が取れたからOKではありません。
これはあくまでも前段階なのです。
カビ色素を出来るだけ除去した後に、殺菌消毒
を行い防カビ施工するのがプレモのカビ臭に
対する防カビ工事になります。


ぜひお間違いの無いようにお願いします。

カビ臭で困った時は、プレモの防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


埼玉県・東京都を中心に神奈川県・千葉県を含む
関東一円に対応しています。




 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.premo2003.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1017