ホーム>ブログ>コンクリート躯体・コンクリート住宅のカビ>壁紙のコンクリート下地カビには防カビ工事を
コンクリート躯体・コンクリート住宅のカビ

壁紙のコンクリート下地カビには防カビ工事を


壁紙のコンクリート下地は良くカビ
が発生します。


冬から春にかけて外壁側は冷えます
ので結露によるカビが頻発します。


リフォーム会社や内装業者に聞くと
「カビ取りして終わり」とのこと。

つまりカビ色素を除去出来ればカビ
についてそれ以上の追及はしないし
求めない!という結論です。


壁紙のコンクリート下地のカビが
止まらない理由がそこにあります。


天井壁紙のコンクリート下地カビ
天井壁紙のコンクリート下地カビ

千葉県流山市のマンション防カビ工事
を行った際の写真です。

先ほど書いた“カビ取り”ですが、意味
を履き違えていることが良くあります。
自分たちに都合の良い考えによるもの
になります。
これはいけません。
お客様に利益は何も無いのです。


カビ取りという言葉に踊らされるので
はなく、殺菌消毒という言葉を覚えて
下さい。(除カビでもカビ除去でもない)

カビは、一般的にカビ色素が除去出来な
いとカビが死んだと思われない傾向に
あります。
そこで、プレモではカビ色素を漂白脱色
とカビを出来る限り死滅させる殺菌消毒
作業に力を入れています。


今の時代、殺菌臭の少ない薬品で対応を!
と希望される方が少なくありません。
その気持ちは理解出来ます。
ですが、実際に殺菌消毒をするとなると
一定の薬品を利用しない訳にはいかない
のです。(違う原料を利用して臭わない
カビ取りを言われる業者もおられますが
カビ色素の強い現場に行けば、一定の
薬品を利用しない限り現場を終わらせる
ことは絶対に出来ません)


プレモの場合、漂白脱色とカビを死滅させ
る二段構えで殺菌消毒しています。


さらに、カビの発育阻害環境を作るための
防カビ施工(抗菌コーティング)を行いカビ
の再発し難い環境を作っています。



壁紙のコンクリート下地のカビや
コンクリート打ちっ放しのカビで
お困りの時は、プレモ防カビ工事
をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.premo2003.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1939