ホーム>ブログ>漏水事故後のカビ>漏水事故後の防カビ工事の必要性
漏水事故後のカビ

漏水事故後の防カビ工事の必要性


漏水事故後に防カビ工事が必要と理解
頂けない建築業者がいます。


実に多いのです。
正直困った話です。

むしろ一般のお客様のほうが理解が深い。


お客様と建築業者との間に溝が生まれる
ことになるのですが、漏水事故の場合は
防カビ工事は行っておいたほうが良いと
言い切ることが出来ます。



漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事
漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事


最低限の解体では済まないことが多いの
が漏水事故になります。

また、ドライヤーのような類で乾燥させ
ればカビは発生しない!と考えるのも
大きな間違い。(どこでそんな自分勝手な
知識を得たのでしょうか?)


乾燥させればカビが発生しない!は間違
いということを知って下さい。
これは、口で説明しても理解不能だと思
います。

でも、理解してくれないとカビ被害に遭
うのはお客様になります。


余計なお金は出したくない!
だから最小限で止めておきたい。

その理屈は分かります。

でも、防カビ工事は必要不可欠です。
そこに建築業者とプレモの考えのギャップ
が生じてしまいます。


カビは乾燥させたように見えても時間差
で発生することがあるのです。

復旧してからカビ臭が漂う部屋で生活する
のは限界があります。
このようなことは1度で終わらせておく
必要があると思いますが、皆さんはどう
思いますでしょうか?


それから、何度もブログで書いています
アルコール系・銀(AG+)・光触媒や煙
他にも色々あるのですが… 効果は限定
的ですのでくれぐれもご注意下さい。



漏水事故後の防カビ工事なら、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.premo2003.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2105