ホーム>ブログ>鉄骨ALC造とカビ

鉄骨ALC造とカビ

断熱材が入ってない鉄骨ALC造の建物は問題


築20年以上の鉄骨ALC造の建物は結露
とカビが発生しやすい。


理由は、断熱材が入ってないから。
当時はそれでもOKでした。

でも、今は違います。
冬寒く、内部結露を発生させる原因と
化しています。


実際の昔のALC板はこちら。


断熱材の無いALC板
断熱材の無いALC板

そして、結露による壁紙のカビに苦労
するようになります。


壁紙結露によるカビ
壁紙結露によるカビ

予算があれば、石膏ボード下地を解体
して造り直すのが一番。
防カビ工事も各所にふんだんに利用する
ことになりますが、カビに強い部屋に
するにはこれが一番
だと思っています。

予算が無い場合は、壁紙張替えに伴う
防カビ工事をお勧めします。

石膏ボード下地の傷み方が酷い時は
石膏ボード交換を余儀なくされますが
必要なことですので仕方ありません。

鉄骨ALC造の建物で多いのが賃貸住宅。
3階建ての賃貸住宅、それも築20年
以上のなら鉄骨ALC造を疑っても間違い
じゃないと思います。

鉄骨ALC造の建物は本当に大変。
雨漏りも発生しやすいのです。

これはまた別の機会に。

鉄骨ALC造の建物室内のカビでお困り
の時は、プレモ防カビ工事をご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

 

鉄骨ALCは壁内がカビる


築20年以上の鉄骨ALC造の建物は
壁内が良くカビる
と言われています。
その原因は断熱材が入ってないので結露する
ことが挙げられます。

その昔、ALC板は断熱材が無くても問題無い
と言うのが営業トークでした。
ところが、カビるんです。
結露も半端なく発生しますし寒いのです。

鉄骨ALCの建物の一部を解体した後に見る
機会などはほとんどありません。
ですがたまたま見れた時はある意味ラッキー
だと思っています。


ALC板に発生しているカビ
ALC板に発生しているカビ

訳あって上記の写真のような形になりました
が事情がありますのでご容赦下さい。

鉄骨ALC造の建物が多いのは、賃貸住宅になる
と思います。

ところが、断熱材が壁内に無いので寒い。
暖房を効かせてもやっぱり寒い。
壁内は結露しやすいのでカビも当然発生する。
この悪循環です。

上記写真のようなカビがALC板に発生している
と半端ないカビ臭がします。

鉄骨ALC造の集合住宅(賃貸住宅)を所有されて
いる賃貸オーナー様におかれては結露とカビが
発生しやすい建物だということを知って頂けれ
ばと思います。

ALC板にカビが発生している時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
※埼玉県は事務所から近い上尾市・桶川市
北本市・伊奈町・川越市・さいたま市を中心
埼玉県全域に対応
※東京都は練馬区・板橋区・北区・足立区を
中心に杉並区・世田谷区を含む
23区と多摩
地区を含む全域に対応(離島を除く)


他の地域(神奈川県・千葉県)は対応エリアを
参照下さい。

宜しくお願い致します。

今日の東京都青梅市の消臭防カビ工事は
無事終えることが出来ました。

カビ臭はもとより、生活臭の臭いが一変
したのはちょっとした驚きでした。
消臭工事の切れ味が素晴らしい!

また地道に消臭工事も防カビ工事共々頑張り
たいと思います。