ホーム>ブログ>漏水事故後のカビ

漏水事故後のカビ

中古マンション漏水事故後スケルトン状態での防カビ工事


漏水事故が中古マンションでは発生する
ことが良くあります。


経年劣化やリフォーム後の漏水事故も
多く発生します。

自宅が加害者や被害者になることもある
ので保険に入ることが必要ですが、中に
は「防カビ工事」を認めない保険会社も
多く対応に苦慮することもしばしばみら
れます。


漏水事故は、給水(真水)・給湯・排水と
被害がかなり違ってきます。

漏水の時間が一番大きいのですが、漏水
原因が酷いと短い時間でも大量のカビが
発生することもあり、スケルトン状態に
(壁・天井・床全てを解体)するケースが
少なくありません。



中古マンション漏水事故後防カビ工事
中古マンション漏水事故後防カビ工事


漏水事故後、部屋の全てを解体しコンク
リート躯体むき出してすれば安心です!
と建築会社は言います。


ところが、施主様(お客様)はカビが心配
と考えます。
実は、考えの違いに大きな溝があります。


漏水事故後のカビが心配な時は、防カビ
工事するのが基本
となります。


プレモ防カビ工事の場合、殺菌消毒と
抗菌コーティングである防カビ施工で
今あるカビを出来る限り死滅させ、新た
なカビ(真菌類)を発生させないようにする
工事を行っています。

抗菌効果もあります。
この抗菌効果は、カビ(真菌類)は含まれ
ていません。抗菌の定義が違います。


カビはしつこく再発する微生物。
カビは建物や住む人の健康を蝕む微生物。

カビやカビ臭は健康上の大敵です。
見た目だけの問題だけではありません。
忘れないで下さい。


漏水事故後のカビやカビ臭がご心配な時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨城県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域(下見無料地域)があります。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。



 

 

漏水事故で解体出来ない木材などのカビには


防カビ工事を検討下さい。

スケルトン状態にして壁天井床を全て
解体するのが理想です。

ところが、そこまで出来ない時もある
ため木材や石膏ボード下地が残り躯体
にもカビ対策が必要!という時があり
ます。



漏水事故後の木材カビ
漏水事故後の木材カビ


木材なら合わさった箇所。
石膏ボードなら手が届き難い場所や
石膏ボード二重張りの合わさった場所
が防カビ工事出来ないので、カビが
心配になります。


写真のような場所も防カビ工事を行い
ました。

垂木(木材)が合わさっている箇所の
不安はありますが、出来る限り行って
いますので、時間の経過と共に違いが
分かるはずです。


漏水事故の場合、マンションなどでは
床下が低いので、防カビ工事を希望さ
れる場合、目視出来ないので適当な
工事で済ますワケにはいきません。
(それでお断りすることもしばしばある
のです)

プレモでは、手が届かない場所。
目視出来ない場所などには防カビ工事
不適格と判断させて頂いております。


何となくやりました!的な工事はした
くありませんので。
(お客様にご迷惑をおかけしますから)


漏水事故後のカビやカビ臭が心配なら
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨城県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域(下見無料地域)があります。


お気軽にお声かけ下さい。

 

マンション漏水事故後で無理を言う建築会社


マンションの床下は低い。
せいぜい15㎝未満です。
(洗面所などは配管の関係で25㎝ほど)

マンションで漏水事故が発生すると
対応に苦慮します。
(マンション床下はカビやすいので)



マンション床下漏水事故後カビ
マンション床下漏水事故後カビ


良く見ると端端までカビが発生して
いるのが写真から分かります。


床の開口部は?と言うと30㎝とか
45㎝もしくは60㎝角(四方)程度。

この状態で建築会社は開口部から
部屋の端まで防カビ工事して!と
言って来る
のです。(苦笑)


そこから床下高15㎝未満の部屋の端
までノズルなどを伸延することは
角度的に不可能なのです。

建築会社に依頼されても「やった
振り」しか出来ないのです。

さらに、防カビ工事した確認が出来
ないのでカビの再発は時間の問題に
なりかねません。


「無理を言わないで!」と言いたく
なります。

出来る限り協力させて頂きますが
マンション床は解体しないとダメ。

その上で水分を逃がし、防カビ工事
しなければいけません。



最近では、いい加減な業者(会社)が
増え、お金欲しさに適当な工事を
して終える事例を耳にしています
が、後々泣きを見ることになります
ので、お客様は注意しないといけま
せん。


マンション漏水事故が発生したら
床解体後のプレモ防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨木県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域(下見無料地域)があります。


お気軽にお声かけ下さい。

 

賃貸住宅で急増している漏水事故後防カビ工事


賃貸住宅は年々漏水事故が増えている。

今年下半期だけみても、前年と比較して
もその多さに驚きます。



賃貸住宅階上からの漏水事故カビ
賃貸住宅階上からの漏水事故カビ


経年劣化による漏水事故。
原状回復工事の際の不手際による漏水
事故…問題は、漏水事故後の対応に
なります。


漏水事故は、分譲・賃貸関係なく基本
は解体になります。

その上で、コンクリート躯体や木材
など交換出来ない、交換し難い建材に
対するカビやカビ臭の不安を取り除く
必要があります。


何もせずに放置しているとカビが一気
に発生することもあるのです。

カビやカビ臭を甘く見ず、漏水事故後
のカビ対策として防カビ工事を考えて
頂くのが良いのではないでしょうか。



プレモの場合、防カビ工事だけでなく
排水臭などのニオイにも消臭工事で
対応出来ますので、様々ケースに対応
出来ます。



賃貸住宅の漏水事故後のカビ対策なら
プレモ防カビ工事をぜひご検討下さい。
(排水臭など生活全般の不快な臭いで
お困りの時は、プレモ消臭工事をぜひ
ご検討下さい)


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨木県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域があります。


お気軽にお声かけ下さい。

明日は、東京都目黒区の地下室防カビ
工事
になります。




 

漏水事故後の防カビ工事が続きました!


漏水事故後の防カビ工事が続きました。

デスクトップパソコンのマザーボード
がクラッシュして新しいパソコン復旧
するまでの間の防カビ工事になります。


分譲・賃貸含むマンション系の漏水事故
後の防カビ工事を今年は多く行いました。

給水・給湯・排水管からの漏水事故に
なるのですが、経年劣化以外は人災と
言える内容が実に多いのです。


漏水事故後のカビは心配です。
漏水すると、建材やコンクリートの水分
が過多になりカビが発生する危険性が
高くなります。

そういう意味で、漏水事故後の防カビ
工事は必須
と言えます。


それでは、写真をご覧下さい。

こちらは、東京都調布市の地下室漏水
事故後の防カビ工事
前の写真です。



地下室漏水事故後の合板カビ
地下室漏水事故後の合板カビ


地下室は窓が無い。
ドライエリアも無いので…大変でした。

もう、必死で防カビ工事しました。
法人様からのご依頼の仕事なのでこれ
以上は書けません。



もう1つは、その翌日に神奈川県横浜市
中区で行った漏水事故後の防カビ工事



マンション漏水事故防カビ工事
マンション漏水事故防カビ工事


狭い場所での漏水事故後の防カビ工事
になりました。

目に見えるカビは無かったのですが
防カビ工事はしっかり行いました。


先ほども書きましたが、漏水事故が
多い1年になりました。
来年も経年劣化やミスによる漏水事故
が多くなるのでしょう。


今後ともプレモでは漏水事故後の
防カビ工事に注力していきたいと
思います。


漏水事故後のカビがご心配なら、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

※茨木県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域があります。


お気軽にお声かけ下さい。

ペットのアンモニア臭や事故物件の
腐敗臭、タバコのヤニ臭や排水臭まで
生活全般の不快な臭いでお困りの時は
プレモ消臭工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、防カビ工事と同じです。

消臭工事は、どの時点で入るのか?が
とても重要です。

壁紙張りなどが終わってからでは限界
がある!と判断しなければいけない時
も正直あるからです。

消臭工事も、まずは相談から…です。


明日は、東京都中野区で壁紙のカビ臭
防カビ工事
のリベンジマッチ!

しっかり対応したいと思います。



 

 

今年は漏水事故後防カビ工事が多い!


漏水事故後防カビ工事が実に多い1年
だと思っています。


漏水事故が多発しているのか?
建築会社やリフォーム会社が防カビ工事
を認識し始めたのか?お客様からの強い
要望なのか?は分かりませんが、対応
しなければいけない現場が増えていると
実感しています。


今日は、神奈川県横浜市中区で漏水事故
後防カビ工事
でした。

明日は、東京都調布市で漏水事故後の
防カビ工事
を地下で行います。

今月は、あと2件ありますのでやはり
多いと思います。


ちなみに、漏水事故後の排水臭はプレモ
消臭工事で対応可能です。

こちらも宜しくお願い致します。


漏水事故後のカビがご心配なら、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨木県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域があります。


お気軽にお声かけ下さい。


マザーボードがクラッシュしたデスク
トップパソコンのHDDは明日業者から
戻って来ます。

あとは、新しいパソコンが来るのを待つ
だけ!なのです。

今まで通りブログを書くまでにはまだ
時間がかかりそうです。



 

漏水事故後防カビ工事(東京都文京区編)


東京都文京区のマンションで漏水事故後
防カビ工事を行いました。



収納や天井のコンクリート躯体に対して
行いました。


階上から、自宅から漏水事故が発生した
場合は乾燥や交換だけでなく防カビ工事
が必須となります。



漏水事故後コンクリート躯体
漏水事故後コンクリート躯体


カビやカビ臭は健康上の大敵。
建築会社や不動産会社は知りません。
というか軽視する傾向が実に強いのです。


マンションのような集合住宅や戸建ての
ような住宅でも漏水事故はいつ発生する
か?分からないのですが、発生した時は
健康上の大敵であるカビやカビ臭を発生
し難くするカビ対策をする必要がある
ことを知って下さい。


漏水事故後は防カビ工事が必須。
ぜひ覚えておいて下さい。


漏水事故後のカビやカビ臭でお困りの
時は、プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


お気軽にお声かけ下さい。


明日は、東京都目黒区で在来工法の
塗装浴室天井の殺菌消毒
です。
タイル目地も行います。
※費用面でこの選択になりました。


 

 

漏水事故後の防カビ工事の必要性


漏水事故後に防カビ工事が必要と理解
頂けない建築業者がいます。


実に多いのです。
正直困った話です。

むしろ一般のお客様のほうが理解が深い。


お客様と建築業者との間に溝が生まれる
ことになるのですが、漏水事故の場合は
防カビ工事は行っておいたほうが良いと
言い切ることが出来ます。



漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事
漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事


最低限の解体では済まないことが多いの
が漏水事故になります。

また、ドライヤーのような類で乾燥させ
ればカビは発生しない!と考えるのも
大きな間違い。(どこでそんな自分勝手な
知識を得たのでしょうか?)


乾燥させればカビが発生しない!は間違
いということを知って下さい。
これは、口で説明しても理解不能だと思
います。

でも、理解してくれないとカビ被害に遭
うのはお客様になります。


余計なお金は出したくない!
だから最小限で止めておきたい。

その理屈は分かります。

でも、防カビ工事は必要不可欠です。
そこに建築業者とプレモの考えのギャップ
が生じてしまいます。


カビは乾燥させたように見えても時間差
で発生することがあるのです。

復旧してからカビ臭が漂う部屋で生活する
のは限界があります。
このようなことは1度で終わらせておく
必要があると思いますが、皆さんはどう
思いますでしょうか?


それから、何度もブログで書いています
アルコール系・銀(AG+)・光触媒や煙
他にも色々あるのですが… 効果は限定
的ですのでくれぐれもご注意下さい。



漏水事故後の防カビ工事なら、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。

 

漏水事故後のカビ臭が気になります


漏水事故後の下見が続きます。

そして、漏水事故の規模にもよります
が下見しているとカビ臭がやたらと
気になります。


カビ臭は、鼻水・のどの痛み・咳など
健康上の大敵と言えるでしょう。

漏水事故後の下見をするとカビ臭を
感じることが多いのです。


漏水事故の多くは、保険対応すること
が多いので初期対応を間違えるとカビ
の二次被害に遭う危険性が高くなるの
です。



コンクリート躯体プレモ防カビ施工
コンクリート躯体プレモ防カビ施工


工事をする際に、濡れた箇所の建材交換
はもとより、広めの解体がとても重要に
なります。

そして、防カビ工事は必須。
良く勘違いするのが、殺菌消毒をすれば
終わり!という建築会社が多くいます。
また、濡れた建材は乾燥させればカビは
発生しないと言い切る建築会社もいるの
ですが、根拠のないことは言わないほう
が良いと思います。


乾燥させればカビが止まる!というのは
間違いです。

殺菌消毒(一般的にはカビ取りともいう
作業。プレモでは違いますが)すれば
カビは再発しない!という考えも間違い
なのです。


一般的に殺菌消毒の薬剤は持続効果が
限定的。つまり短いのです。
薬剤の効果が無くなると、カビが発生
する危険性が高まります。

そこで、防カビ施工の出番になるのです。
防カビ施工は、年単位で持続しますので
効果絶大です。



プレモでは、広めの解体を推奨して
います。
その後の、プレモ防カビ工事が必須なの
は言うまでもありません。



漏水事故後のカビやカビ臭でお困りの時
は、プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。


明日は、埼玉県熊谷市で戸建床下下見
になります。


 

 

漏水事故後の防カビ工事が2件続きました


埼玉県さいたま市と東京都大田区で
漏水事故後の防カビ工事を行いました。



問題だな!と思ったのは防カビ工事の
立ち位置です。

大工が「まだ終わらないの?」的に
待っていながらの防カビ工事でした。

ある意味、最悪状況です。
これは止めて頂きたいのですが、復旧
を担当する会社にとって防カビ工事は
ハンバーグステーキのブロッコリー的
な立場と考えているのでしょう。


お客様はカビ対策として防カビ工事を
真剣に考えてくれているのに建築会社
は軽く考えている!という事実には
呆れるやら驚かされるやら。



漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事
漏水事故後コンクリート躯体防カビ工事


今日は、朝早くから防カビ工事しました。
しっかり念入りに行ったので施工面積は
多かったのですが、問題なく終えること
が出来ました。


漏水事故後は、カビ対策をしなければ
いけません。

放置したり、間違った対策をすると部屋
中がカビ臭くなることも。


漏水事故後のカビやカビ臭でお困りの時
は、プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。
※茨木県・群馬県・栃木県にも対応して
います。


宜しくお願い致します。


明日は、東京都世田谷区の漏水事故後
の下見と埼玉県さいたま市の下見と
なります。