ホーム>ブログ>中古戸建・マンション購入後のカビ

中古戸建・マンション購入後のカビ

カビが多い中古マンション購入後のカビ対策


カビが多い中古マンション購入後
は細かいカビ対策が必要になります。



リフォーム会社・建築会社や販売
する不動産会社までが「建材交換
すればカビは発生しない
」と言い
ますが、交換した建材に防カビ効果
はほとんど期待出来ません。
※防カビ仕様や防カビ剤入りと書い
てあってもです!



中古マンション購入後の壁紙カビ



中古マンションはカビが発生して
いるのは当たり前の話。


何故発生したのか?
発生し難くするにはどうしたら
良いのか?は住んでみないと
分かり難い話だったりするのです。


それでは遅いので、カビについて
の見識がある人に見て頂くのが必要
だと思う訳です。



建材を交換すればカビが発生しない
と考えるのは時代遅れの感覚であり
カビを発生し難くさせるのは今や
防カビ工事しかないと考える次第
です。


ただし、防カビ工事なら何でも同じ
と考えるのは大きな間違い。
中味が違うのです。


物は言い様ですが、光触媒や燻煙
殺菌剤の中に少し抗菌剤を含有させ
るような工事は防カビ工事とは言え
ません。(カビ臭でオゾンを利用
する業者もいますが、オゾンはカビ
に効果はありません=再発して来ま
すのでご注意下さい)




中古マンション購入後は出費も多く
何だか分からないうちに大金を失う
ことになりますので、冷静に判断
することを希望しています。



中古マンション購入後のカビ
でお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討
下さいませ。



対応地域は、埼玉県上尾市の事務所
から片道70kmまでの距離になります。
(主に、埼玉県・東京都)



下見依頼お待ちしております。

 

中古住宅・中古マンション購入後にカビ点検してますか?


中古住宅や中古マンション購入後
にカビ点検の必要性を感じて下さい。



「リフォームするから問題無い」と
考えるのは時代遅れと言える考え
だと言いたいのです。


リフォーム工事でどうにもならない
カビやカビ臭が実際にあります。


 

中古住宅購入後の床下大引き束柱カビ
階段下収納のカビ臭

 

カビやカビ臭を止めるのは難易度が
高い工事になります。


写真のように、購入後の床下カビを
発見すると中には腐朽菌で木材が
スカスカ状態だったり、カビだらけ
で使えない木材と言うこともあるの
です。



地下室のある住宅も問題です。
カビやカビ臭が付きまとう地下室で
すから、引っ越し前に防カビ工事の
ような専門工事を利用しなければ
地下室が使えなくなることすらある
ことを知るべきでしょう。



他にも、立地環境(条件)や工法や
築年数など様々な要因でカビやカビ
臭発生が続くことになりかねません
ので、入居前にカビやカビ臭点検と
プレモ防カビ工事のような専門工事
を導入することを強くお勧めします。


傾斜地の住宅・マンション
過去の漏水事故・雨漏り隠し
湿地帯の住宅・マンション
裏が山や擁壁があるような住宅
陽が当たり難い住宅・マンション
マンション最上階
購入したマンションの下階が空洞
海や川や森林が近隣にある


などなど要注意です。



特に、呼吸器系・皮膚系疾患を持病
とされる方やカビアレルギーの方は
真剣に考えないといけません。




中古住宅や中古マンション
購入後のカビ・カビ臭点検
から防カビ工事までをご検討
の時は、プレモまでお気軽に
相談下さいませ。



対応地域は、埼玉県上尾市の事務所
から片道70kmまでの距離になります。
(主に、埼玉県・東京都)



下見依頼・点検依頼お待ちしており
ます。(カビ・カビ臭点検の場合は
有料になります)


明日は、東京都港区六本木に下見
となります。




 

中古住宅や中古マンションを売り出す前に!


中古住宅や中古マンションはカビ
やカビ臭を含む生活臭との闘いに
なることが多々あります。



例えば、壁紙石膏ボード下地の
場合は「どこまで解体したら良い
のか?解体しなくても良いのか?」
の見極めが防カビ工事経験者じゃ
なければ分からないことが多く
カビ臭などになるとほぼ適当な
処理で済ますことが多いと聞き
及んでおります。



現況でもカビが発生しているのが
分かる中古住宅・中古マンション
市場ですが、スケルトン状態に
すれば問題無いと考えがちですが
スケルトン状態でもコンクリート
躯体にカビが大量発生すること

あり、全てが丸く収まる訳では
ありません。


 

中古団地コンクリート壁下地カビ
中古マンション購入後の壁紙下地カビ

 

中古住宅や中古マンションならば
カビやカビ臭、果ては生活臭まで
問題山積です。


リフォーム工事は適当な場当たり
的な対応で済ます傾向が強く、
カビならばカビ色素が除去出来れ
ば問題無しと判断する愚かなリフォ
ーム会社が実に多いのです。
(再発までは考えないのです。中途
半端な知識や決断は購入者からの
クレームになりますから施工写真
ぐらいは撮りましょう
)



話が脱線しましたが、中古住宅や
中古マンションを現況引き渡しで
販売するのではなく、リフォーム
工事後に販売するようなら、カビ
やカビ臭、生活臭などの臭いに
対する工事をしておくのが賢明だ
とプレモでは考える次第です。




カビやカビ臭でお困りの時
はプレモ防カビ工事、生活
臭などの臭いでお困りの時
はプレモ除菌消臭工事を
ぜひご検討下さいませ。



対応地域は、埼玉県上尾市の事務所
から片道70kmまでの距離になります。
(主に、埼玉県・東京都)



下見依頼お待ちしております。

 

【中古住宅購入】1階床下や和室・階段下収納のカビチェックは重要


中古住宅購入を検討されている時
1階床下からの現状を把握するため
のカビ下見が必要になります。


1階の目視出来るカビの有無やカビ
臭についての状況把握が必要という
ことになります。



中古住宅購入予定先の押入れ底板カビ

 

上記写真のような1階押入れ底板に
発生しているカビの場合、床下側の
ベニアや畳や畳荒床にまでカビが
発生している場合があります。


写真のケースでは、畳にシロアリ被害
が及んでいました。


それでは、シロアリ駆除をすれば良い
のか?と考えるのですが、シロアリ
駆除を行う90%以上の業者(会社)は
防腐防カビ防蟻剤を噴霧して終わる
(穿孔注入もやるでしょうが)のが一般
的であり、ことカビについては効果
が期待出来ないレベルですので期待
する価値は“???”となります。
殺菌消毒、皆さんが言うところの
カビ取りをしないのは致命的
です。




防カビ工事すればキレイになりカビ
が再発し難くなるのですが、間違っ
た防カビ工事をすると1年未満で
カビが再発することになります。


光触媒
オゾン脱臭
燻煙

 

などなど、挙げたらキリがないほど
間違った防カビ工事が横行している
現在、皆さんがどのやり方が正しい
のか?を選択する見識があれば良い
のですが、多くの方はネット上検索
の上位で判断されたり、HPの見栄え
だけで判断されますので、これは
仕方のないところです。



カビを発生し難くさせるのは大変な
ことであり、中古住宅購入時には
購入費用及び引っ越し代金・新居に
済むためのリフォーム代金や家電や
家具などの購入費用があり、その上
での防カビ工事費用と皆さんは考え
がちになるのですが、少なくとも
防カビ工事はリフォーム工事よりも
優先されるべき工事だと思っている
ところです。


同じことを繰り返さないためにも
正しい防カビ工事を選択下さい。


今一度書きます。

床下のカビ下見が
中古住宅購入後
必要です!




中古住宅購入後の目に見えるカビや
カビ臭でお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さいませ。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県・群馬県・栃木県
・茨城県にも対応しています。



お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。



明日は、埼玉県新座市中央公民館
でカビ対策講座を行います。

講座は初めての経験ですので頑張り
たいと思います。




 

【中古マンション】購入後にカビで悩まされないために


中古マンション購入時に窓や周辺
の壁天井をチェックしましょう。



何をチェックするのか?


購入したいお住まいの窓がシングル
か複層ガラスか?や内窓アリか無し
か?など様々です。


大きな掃き出し窓(窓枠がカビ)
腰窓(窓枠シートが剥がれかかる)
出窓(結露が酷く出窓天井が傷むことも)
FIX窓(動かない窓で結露の温床)
内窓(シングル窓だと結露の温床に)
天窓(滅多にありませんが結露多し)
非常ドア(結露酷い)
アルミサッシが幅広(結露酷い)



掃き出し窓周辺の壁紙カビ



住んでから結露やカビで困らない
ようにすることが肝心です。



現況引き渡しの場合は非常に分かり
やすい。

売り主や前の入居者によるカビ取り
跡が一目で分かることがあります。
特に壁天井の壁紙や下地のカビ
和室の木製窓枠のカビ発生状況で
冬の結露が如何に酷く発生するか?
が分かります。



アレルギー疾患を持病とされる方は
出来れば購入を躊躇されたほうが
妥当でしょう。




住まい購入は人生の一大イベント。
安易に飛びついてはいけません。



カビ取りの痕跡があるなら、今後
の対処方法も含め、プレモ防カビ
工事をぜひご検討下さいませ。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県・群馬県・栃木県
・茨城県にも対応しています。



お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。

 

【購入後のカビ対策】中古住宅・中古マンション購入後に防カビ工事を!



中古住宅・中古マンション購入後
リフォームし、販売する不動産会社
は今でも多いのですが、その多く
はカビに対して防カビ工事などを
行っておりません。



写真は、中古マンション購入後の
リフォーム時での防カビ工事箇所
打合せ時のものです。



中古マンション購入後のカビ



中古住宅や中古マンション購入後
販売するためのリフォームを行う
なら、建材交換だけでなくカビに
対する抵抗力を上げる意味でも
カビが発生しやすい場所に対して
もプレモ防カビ工事することを
お勧めします。




カビに対して安心安全な中古住宅
中古マンションを販売されるなら
販売前のリフォーム時にプレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。

 

中古戸建購入後の収納カビに防カビ工事が効果的


中古戸建(中古住宅)購入後の収納
ベニアを見るとカビが発生してい
る時があります。


内覧時に発見しているかも知れま
せんが、引っ越し前に何かしらの
対処が必要になります。



中古戸建購入後の収納ベニアカビ



収納ベニアにカビはつきもの。

では、どうするのか?

・解体して収納を作り直す。

・傷んだ箇所だけベニア張替え。

・防カビ工事。
※ベニア変色・ベニアの傷みが無い
と認められる場合のみ対応。


お客様のご予算次第ですが、防カビ
工事も十分な視野に入ると思います。
皆さんが思っている以上に高くない
からです。


収納はカビが発生しやすい。
たとえ、収納ベニアを交換しても
カビが止まることはありません。

であれば、ベニアのカビ繁殖状況次第
になりますが、プレモ防カビ工事だけ
でも良いのかも知れません。


そのような中古戸建収納カビを何度も
見て来ております。


中古戸建(中古住宅)収納カビでお困り
の時は、プレモ防カビ工事をご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。


中古戸建(中古住宅)購入後や賃貸住宅
退去後のペット臭・タバコ臭・事故
物件の腐敗臭などでお困りの時は
プレモ除菌消臭工事をぜひご検討
下さい。


 

中古住宅購入後リフォーム時にカビと臭いで困る時は


中古住宅を現況引き渡し購入後に
施主様自らがリフォーム会社に依頼
し、リフォームされる時があります。


この場合は、予算が無い場合が多い。


中古住宅をリフォームし販売する予定
の不動産会社もあります。


この場合は、予算がありますのでカビ
や様々臭いの対策改善が必須になると
思います。


何を言いたいのか?

中古住宅(築25年前後~)では、生活臭
を筆頭にペット臭などを含めた臭いや
カビやカビ臭も明らかだったり隠れて
解体したら発覚されたりするケースが
多いのです。(私も何度も見ています)



中古住宅はカビや臭いで困る時が多い



予算が無い場合などは、隠れている
カビを防カビ処理せず塞ぐケースが
目立ちます。

ただ、ちゃんとやる施主様は防カビ
工事を導入します。
(長く住むから自身と家族の健康の
ために行います)


中古住宅をリフォームし販売する
不動産会社の場合、ほとんど理解せず
かなり適当にカビやカビ臭及び生活
の中の臭いを処理しています。


一般的に、生活の中の様々な臭いや
カビ臭は「オゾン脱臭機」を使用し
ています。
※ただ、機器撤去すると臭いが戻る
可能性があります。


実は、カビには防カビ工事が必要で
あり、生活の中の様々臭いには除菌
消臭工事が必要不可欠になります。

プレモは、防カビ工事専門業者で
あり、除菌消臭工事を行う業者でも
あるのです。



中古住宅のカビやカビ臭や生活の中
の様々な臭いでお困りの時は、プレモ
防カビ工事・除菌消臭工事をご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。

 

 

カビだらけの部屋のある中古マンション購入後は


プレモ防カビ工事は必須です。

リノベーション工事で壁天井や床
を全て解体する場合でも躯体に
カビ臭が染み付いている場合が
ありますので、やはり防カビ工事
は必須になります。



購入後のカビだらけの部屋
購入後のカビだらけの部屋


築年数が経過し、カビだらけの
状態だと販売価格も安くなるの
ですが、問題は購入後の対応です。


新しい住宅設備機器や家電製品
やフローリングや仕上げ材などに
目が行きがちになりますが、実際
は生活してから困るのが「結露・
カビ・寒暖差・音」になります。


結露対策するのは、断熱工事にも
繋がりますので、非常に重要なの
ですが… 良かれと思って行った
断熱工事(内窓含む)が逆効果になる
ことがありますので、やってみなけ
れば分からない話です。

ただ、防カビ工事は絶対に必要。


もし、リノベーション工事などを
行わずに、費用を抑えて新生活を
スタートさせようとする場合は
尚更防カビ工事が必要になります。


内装が塗装仕上げでも、壁紙仕上げ
でも関係なくプレモは対応可能です。




中古住宅・中古マンション(団地含)
購入後のカビやカビ臭でお困りの時
は、プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。


今年も宜しくお願い致します。

 

中古団地購入時にカビ対策は必須


中古団地はカビやすい。
築30年~40年の団地を言っています。


中古団地は立地条件も良く、中古住宅
市場では意外と人気があったりするの
ですが、結露対策は行っていてもカビ
対策は案外おざなりになっていること
が多いのです。



中古団地塗装壁カビ
中古団地塗装壁カビ


建物に発生するカビは皆さんが思って
いる以上に再発力が凄まじい微生物。
市販製品で処理してもカビは再発して
来ることを知りましょう。


お客様の中には、ご自分でカビ処理し
たので満足される方もいますが、カビ
はそんなに簡単な相手(微生物)ではあ
りません。


そのため、中古団地購入後で入居前に
リフォームされるでしょうが、カビ
対策も真剣に取り組まないと住み始め
てから、カビで困ることにならないと
も限りません。



防カビ工事専門業者プレモの場合は
上記写真のような塗装壁の場合は2つ
の選択肢があります。
壁紙や壁紙下地にカビが発生した場合
は、また別の選択肢があります。



中古団地購入後、どうやって住むのか
を考えるのはお客様次第ですが、カビ
対策としてプレモ防カビ工事もぜひ
選択肢の中に入れて頂ければと思う
次第です。


中古団地購入後のカビやカビ臭で
お困りの時は、プレモ防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。