ホーム>ブログ>竣工後4年以内のカビ

竣工後4年以内のカビ

注文住宅床下基礎断熱工法は超ヤバい


カビます。
それも高い確率で発生します。



木造注文住宅の場合、建築会社
にお任せコースが一般的です。

施主様が写真を撮ることもあります
が、そこまでされる方でも床下は
意外と盲点になりがち。


だから、自宅床下がどうなっている
のかを知る必要があります。

皆さんは自宅床下を見たことが無い
のなら、ぜひ潜ってみて下さい。
驚くことになるかも知れません。



床下基礎内断熱工法のカビ
床下基礎内断熱工法のカビ


床下基礎内断熱工法は湿気が逃げ
難いのでカビやすいのです。



建築中に雨水が流入

熱交換システムが床下にあっても
稼働するのは竣工前ぐらいから

(稼働するまでの建築中は湿気が
こもってしまいます)

床下密閉型
(これ最悪です)

フローリングの端に通気口(ガラリ)
があり、床下と1階の空気を自然
循環させる

(循環できている証拠はありません)
(床下がカビたら1階もカビ胞子
だらけになるのでOUTです)


まるで、床下基礎内断熱工法初心
者のような建築会社が注文住宅を
建てると、床下がカビだらけに
なることがありますので注意が必要
です。


床下基礎内断熱工法は湿気が逃げ
難いので防カビ工事も大変です。

時間も金もかかります。
結果として、高い防カビ工事に
なります。(難易度はかなり高い)


適当にカビ処理で済ませるか?
(お金が無いので…)
施主様が変に納得するか?
ちゃんと、防カビ工事するのか?
は施主様次第です。

ちなみに、建築会社は責任回避し
続けます。
施主様は負けずに責任を取らせる
方法で施主様が納得する防カビ
工事をやらせるべきでしょう。


最初に、話し合いを持たないと
建築会社や一級建築士の逃げ得
にならないとも限りません。

くれぐれもご注意下さい。


戸建床下合板木材のカビでお困り
の時は、プレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

対応地域がありますので、事前確認
をお願いします。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。
埼玉県にお住まいの方からの問合せ
特にお待ちしております!



賃貸住宅のペット臭やタバコ臭や
事故物件の腐敗臭でお困りの時は
プレモ消臭工事をぜひご検討下さい。

 

床下基礎内断熱工法のカビが酷い!


床下のカビが酷い。

中でも、基礎内断熱工法のカビが
酷い
のです。



床下基礎内断熱工法のカビ
床下基礎内断熱工法のカビ


床下基礎内断熱工法の基本が出来
ていないのでしょう。
(基礎内断熱工法を間違った視点で
考えている結果だと思っています)

熱交換機器も導入せずフローリング
の端端に通気口(ガラリ)を導入
たり
するなど、床下を1つの部屋として
考えるおかしな工法が今は大流行中。



ゼロエネ住宅(ZEH)を導入して補助金
をもらおうと考えいる注文住宅なら
床下基礎内断熱工法を今一度見直す
必要があります。

何故なら、湿気が逃げ難い基礎内断熱
工法は非常にカビが発生しやすいので
防カビ工事が非常にやり難いのです。
水分が逃げ難いので防カビ工事が
非常にやり難い
のです。


さらに、床下点検口が部屋の端にあり
サイズも45㎝角とか小さく、侵入しよ
うとしても、厚さ50mmの断熱材が横
たわっているので、床下高が低い場合
は侵入するのも一苦労します。

一言で言えば、経験不足に尽きます。
さらに言えば、床下基礎内断熱工法は
根本的に問題がある!と言うことです。


床下基礎内断熱工法で漏水事故が発生
したら目も当てられないほど悲惨な
床下になります。


補助金欲しさに、床下基礎内断熱工法
を採用しますか?


床下にカビが発生すると、基礎内断熱
工法は構造用合板がむき出し状態に
なりますから、カビが大量に発生して
しまいます。
(一級建築士はそこまで考えてない)

防カビ工事し難いのに、どうするの!
と一級建築士や建築会社に問いたい。


全国で床下基礎内断熱工法を採用して
いる住宅があるのなら、今一度床下の
カビチェックをすることが重要です。


床下のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

対応地域がありますので、事前確認
をお願いします。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。
埼玉県にお住まいの方からの問合せ
相談を特にお待ちしております!


床下防カビ工事には条件があります。
床下点検口の有無及びサイズ
(60㎝角は欲しい)
床下高(40㎝前後は欲しい。35㎝未満
は潜りません)
床下点検口廻りが配管などが邪魔して
先に進めない時
(出来ません)
部屋から部屋に移動するための人通口
の有無とサイズ
(内基礎をはつることは
絶対に行いません)
床下に潜ると複雑怪奇な内基礎
(床下高が低く、内基礎が複雑だと潜る
のも命がけですから)

代表的な条件を書きました。
参考にして頂ければと思います。

 

床下基礎内断熱工法がカビやすい季節


湿気が逃げない床下基礎内断熱工法。

6月から9月末までの4ヵ月は床下
基礎内断熱工法にとっては悪夢の季節
になります。



床下基礎内断熱工法の場合、多くは
熱交換器を導入していますが、建築中
は稼働していません。

そのため、湿気が逃げなくとんでもな
いカビが大量発生しています。

フローリングにガラリ(通気口)を設置
している住宅でも床下のカビが止まる
ことはありません。
むしろ、カビ胞子とカビ臭が室内に
流入して来て、カビが原因の病気に罹
ることもあるのです。
※床下密閉型の基礎内断熱工法は最悪。
未だに手掛けている建築会社が多く
ありますが、カビのことを全く考えて
いないので、いつか裁判沙汰になるで
しょう。


床下基礎内断熱工法合板のカビ
床下基礎内断熱工法合板のカビ


それから、床下基礎内断熱工法の住宅
はエコ住宅とか言われていますが…

その床下に潜るための床下点検口が
非常に小さく、設置場所も悪くさらに
は、潜ってから内基礎が複雑にあり
非常に防カビ工事がし難いことがあり
ますので、良い工事は出来ないと断言
しても良いでしょう。


何より、床下が低すぎます。
30㎝前後の床下で作業するのは大変で
あり、無理があります。
各部屋に移動するための人通口が無い
または幅が無く低いので、防カビ工事
が出来ないことも…



熱交換器があれば、その周辺は潜って
いけない&防カビ工事出来ないデッド
スペースになります。


色々書いて来ましたが、床下基礎内
断熱工法の防カビ工事は非常に難易度
が高いのです。


結果、防カビ工事費用が高くなります。
時間も費用も掛かることだけ知って
頂ければと思います。


住宅床下のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨城県・栃木県・群馬県にも対応して
います。


お気軽にお声かけ下さい。
下見依頼お待ちしております。

 

注文住宅はカビやすい?


注文住宅はカビやすい。

一級建築士が設計。
下請け建築会社が建てる。
このパターンだとカビ問題が発生すると
責任の擦り合いになることすらあるの
です。

「ちゃんと設計した」
「設計通りに建てた」

施主はどちらを信用して良いのか?
このようなやったやらないのレベルでは
なく、発生している問題の是正をしなけ
ればいけません。


注文住宅でカビ発生問題で多いのは?

建築中のカビ
(実によくあることで、施主は時間を割い
て現場に出向いて写真や動画を撮影する
べきでしょう)

雨漏り
(水終いが上手く出来てないと発生するの
ですが、防水や陸屋根の排水溝周りなど
幅広く原因が考えられます)

漏水事故
(出来るだけ早く発見し、水抜きするのが
ポイントになります。基礎内断熱工法の
注文住宅だと最悪の事態になることも)

建材のカビ
(塗料/珪藻土/漆喰/火山灰/ホタテの貝殻
などにカビ発生が過去にありました)

床下のカビ
(基礎内断熱工法など気密性の高い床下
はかなり高い確率でカビが発生すること
があります。一般的な通気パッキン工法
でも建築中の雨などでカビが発生する時
もあります)

酷い時はカビは見えないがカビ臭がする
こともあります。



注文住宅雨漏りによる石膏ボードカビ
注文住宅雨漏りによる石膏ボードカビ


雨漏りは良くあります。
早期に発見し、カビ対策しなければ
いけません。

こういう時は、解体復旧は建築会社に
任せるのが一番で、カビ処理は防カビ
工事専門業者に依頼しましょう。


構造用合板の場合、防カビ工事が甘い
とカビが再発する危険性があります。
焦らずじっくり防カビ工事する時間を
与えて下さい。

(中には施主が「早く復旧して」と言う
実に不条理なことを言う方が多いので
困る時があります)


何事も発見が遅れると良いこと無いの
で、早期発見するようにして下さい。


注文住宅のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨城県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域(下見無料地域)があります。


お気軽にお声かけ下さい。

明日は、再び埼玉県川口市にて防カビ
工事
になります。

 

 

竣工1年以内床下からのカビ臭


竣工1年以内の住宅床下からのカビ臭
が気になる事案が増えています。



建築中の床下など構ってられなく…
工期が押せ押せになり、工期を守らない
と儲けにならない建築会社は、工事順守
すべく住宅を建築します。


結果、住宅床下にカビが発生している
ケースが実に多いのです。
また、カビらしきものは見えない状態
なのにやたらとカビ臭い住宅床下も増え
ているのです。



床下大引きのカビ
床下大引きのカビ


床下がカビ臭いと、造りにもよりますが
室内までカビ臭くなることがあります。


カビを軽視せず、間違った方法でカビ
対策するのではなく、防カビ工事を行い
今あるカビ臭やカビをリセットした上で
安全な床下や室内にすることが大切です。


ちなみに、アルコール系で除菌するのは
無理がありますのでお止め下さい。


銀(AG+) や煙などで防カビ行為するのも
効果が期待出来ませんので、止めたほう
が良いでしょう。



床下高や人通口、侵入口の床下点検口
状況にもよりますが、住宅の床下カビ臭
でお困りの時は、プレモ防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。

 

竣工3年以内のカビ臭い部屋は誰の責任?


千葉県八千代市の竣工3年の築浅住宅
に伺いました。

問題の部屋に伺うと半端なくカビ臭い。

住まいを建てたハウスメーカーに相談
したところ「床下が問題かも」と言われ
担当者が潜ったのですが…


32cm角の床下点検口
32cm角の床下点検口


収納内にある床下点検口のサイズは一応
40cm角あるのですが、実寸は32cm角
しかありません。

これで人が潜り作業する!というのは
かなり難しいのです。
人が潜るには角度がとれないためです。

さらに設計上、各部屋に行けない造りに
なっているので、各部屋に行くには床下
点検口を増設しないといけなくなります。

これが日本を代表するハウスメーカー
の行うことでしょうか?


床下は空気が動いている様子が感じられ
ましたのでまだ良いとしても、室内の
カビ臭は話になりません。

ちなみに、問題のハウスメーカーの考え
では、床下に換気扇を取付ければ…的な
発想があるようで、施主様に見積書も
提出しているようですが、換気扇でカビ
臭が除去出来るはずもなく、如何にいい
加減なことを提案しているのか?が
分かります。


プレモの考えは、1つは設計上の問題
があると思っています。
これ以上は差し支えある内容になるの
で省略します。

カビ臭対策としては、壁天井に防カビ
工事するのが基本です。

殺菌消毒でカビを一度リセットします。
防カビ施工は、安定するような手法で
作業します。

煙のような防カビ剤でカビ臭を止め
る業者がいますが、限界があることを
知らないようです。


プレモでは手が届く範囲、目が行き届
く範囲しか防カビ工事しません。



カビ臭い部屋でお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。


今日は、神奈川県相模原市にて住宅
床下下見となります。

 

 

 

 

昔より今の住宅床下のほうがカビ易い!


今の住宅床下はカビ易い。
昔と違い、今の床下は工法も複雑化して
います。

床下が低い
根太レス工法
基礎パッキン(通気パッキン)

深堀基礎
床下地がパーチクルボード
基礎内(外)断熱

基礎内断熱工法などは無かった。
床下の気密性を重視する考えも無い。
本来ならば、床下は通気してないといけ
ないのですが、今の住宅床下は通気し難い
造りになっています。

だからカビる。


床下基礎内断熱構造用合板のカビ
床下基礎内断熱構造用合板のカビ


通気する(通気パッキン)床下もあります。
ですが、基礎内断熱工法の床下の増加には
目を見張るものがあります。

漏水事故などを起こしたら、台風やゲリラ
豪雨などで床下に雨水が流入したら、目も
当てられないカビ発生状況になるでしょう。


今の住宅の床下は定期的なメンテナンスが
必要となります。

特に、カビの場合はしつこく再発する微生物
ですので3年~5年に1度は点検するように
するべきと考えています。
現状、点検は無料では出来ませんが、部分的
にカビが発生したら発生した箇所にカビ処理
することが大事です。

住宅床下のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

※群馬県・栃木県・茨木県にも対応して
います。


宜しくお願い致します。

 

 

床下基礎内断熱住宅は床下がカビ易い


床下基礎内断熱、根太レス工法と床下
の状況が昔と変わり一変しました。


新築時から床下がカビ易いなどという
のはあり得ないことでしたが、今では
日常茶飯事。


床下基礎内断熱と大引き炭塗料のカビ
床下基礎内断熱と大引き炭塗料のカビ

あの手この手で床下をカビ難くさせる
努力を建築会社は行いますが、後手後手
になっているようです。

上記写真のように炭塗料はカビます。
基礎内断熱の問題点は湿気が逃げ難いこと。

基礎内断熱の防カビ工事はやり難い。
乾燥させたくても乾燥し難いのですから。

新築住宅の場合、床下に潜る侵入口である
床下点検口も45cmと小さく、床下高も低く
階段下収納などに点検口が隠されているの
で侵入するのも苦労する始末。

建築会社は床下に問題があった時は作業
し難いような設計をしているのです。

このような住宅が多い日本では、床下の
作業が捗りません。

注文住宅・建売住宅問わず床下基礎内断熱
は採用され続けていますが、カビやカビ臭
の問題が発生した時は、防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

 

 

新築戸建ては注文建売関係なく床下がカビ易い


新築戸建ては床下がカビ易い。
注文住宅・建売住宅関係なくです。

床下にカビが発生し易い理由としては
床下の気密性を重視しているからです。

基礎内(外)断熱工法は気密性が高いので
事前のカビ対策をする必要があります。

※施主様からのクレームで動くようでは
遅いと言えます。


カビが発生し易い基礎内断熱工法の床下
カビが発生し易い基礎内断熱工法の床下

床下換気システムを導入してもカビ易い。
フローリングに通気口(ガラリ)を設置して
もカビ易い。

それでも建築会社は基礎内断熱工法を
推し進めます。(これっておかしくない?)


床下に実際潜ると「暖かい」んです。
この季節は、ひんやりするのが一般的。
暖かいのは水分を含んだ空気が停滞して
いる証拠。

空気が動き難い+水分が逃げ難い=カビ
になる訳です。


これから、家を建てるor建売住宅を購入
しようとされているのなら、皆さんは
床下工法も気にかけないといけません。

カビが発生したら防カビ工事をご検討
下さい。少なくとも専門の防カビ工事で
あり、シロアリ駆除業者が行う工事では
ありませんので勘違いしないようにして
下さい。


宜しくお願い致します。

 

 

床下基礎内(外)断熱工法はカビ易い


築3年以内の新築戸建で床下が
基礎内(外)断熱工法の場合カビ
易いので点検をこまめにすること
が必要です。


今の家は、気密性が求められます。
ところが、気密性を考えるあまり
通気してナンボの床下まで気密性
を上げるために、カビ易くなる事態
まで考えて家を建てていないのです。

床下について書けば…
基礎内断熱工法
・建物外周の基礎(コンクリート)部分
の建物内側に断熱材を取付けたり
吹き付け発泡ウレタンを吹いたりする
パターン。
フローリング下の構造用合板の下には
断熱材が貼られていないのが常。

通気しない床下なのですが、床下換気
システムを導入する建築会社もあるの
ですが、目詰まりなどが多く問題の
ケースが多いようです。

基礎外断熱工法
・建物外周の基礎(コンクリート)部位
の外側に断熱処理を行っている。
外断熱を導入しているor特殊な床下
断熱工法を導入している建築会社に
多く見られます。

こちらも床下と外気の通気が無いので
湿気がこもりやすくカビ易いのが特徴。



床下基礎外断熱工法のカビ
床下基礎外断熱工法のカビ

何度も書きますが、床下は通気してナンボ。
間違っていますでしょうか?

建築会社は自分たちの工法が正しいと考え
るのは勝手ですが、間違いを認めようと
しない傾向が非常に強いのです。

自宅(新築の家)の施主様やご家族が可哀そう
に思えて来ます。


もう少しだけ書きます。
カビが床下に発生した場合、費用をかけたく
ないのも建築会社の常識。

下請け業者、協力業者に作業させるのですが
賢い施主様は、疑問を呈します。

「それで良いのか?」

カビを真剣に考える施主様
何とかその場を乗り切ろうとする建築会社
その差はデカいと言わざるを得ません。

どちらが正しいと思いますか?



カビは殺菌消毒して出来るだけ漂白脱色
させた上で死滅させないといけません。
面倒ですが、プレモではダブル殺菌消毒
を床下に行うこともあります。


次に、カビの発生をし難くさせるカビの
発育阻害環境を作る防カビ施工をします。


時間も費用もかかります。

これを建築会社は嫌います。
安く早くが大事なのです。
※カビ(真菌類)を軽視しているのは
建築会社としては失格です。

だから相談を受けても仕事になる確率が
極端に低い。


今の建築業界には大いに疑問を感じざる
を得ません。

築3年以内の床下のカビにご注意下さい。
特に、山形県・新潟県・長野県・山梨県
茨木県・栃木県・群馬県の皆さんは要注意
です。

床下基礎内(外)断熱工法を採用している
建築会社が多いためです。

宜しくお願い致します。