ホーム>ブログ>別荘のカビ

別荘のカビ

別荘はやっぱりカビ臭い!


長野県茅野市の別荘下見に伺いました。
別荘はやっぱりカビ臭い!と毎回下見
するたびに実感しております。

別荘のカビ臭対策はシンプル。
防カビ工事+換気+乾燥に尽きます。

それが出来るかどうか?で違いが出て
しまいます。


収納内を中心にカビ臭の元を絶つ必要が
あります。
カビ臭い!と感じたら思い出の家財でも
廃棄する必要が出て来ます。

置いてある家具もカビが発生しやすい。
別荘にカビ臭が染み付く前にカビ対策を
行いましょう。


プレモでは、手間暇かけた防カビ工事を
別荘に実施しております。
※正直難しい時もありますが、なるべく
実施出来るようにオーナー様と話をする
ように努力しています。
理解が進まないのに防カビ工事しても
良いことありませんから。

別荘の下見は必須です。
そのことをお忘れなく。

別荘のカビやカビ臭はこれからが本番。
別荘を所有の皆さんはどんなカビ対策を
していますか?

別荘のカビやカビ臭でお困りの時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

※別荘の防カビ工事については
長野県・山梨県・群馬県・栃木県・茨木県
や新潟県・静岡県など幅広く対応しており
ますのでお気軽にお声かけ下さい。


宜しくお願い致します。

 

 

別荘の下見に行きます(群馬県嬬恋村編)


群馬県嬬恋村に明日別荘の下見で行く
ことになりました。

昨年も伺った群馬県嬬恋村です。
まさか今年も伺うことになるとは思いま
せんでした。

別荘は避暑地と言うべき場所にあるので
湿気が多く、樹木に囲まれていたり、湖
が近くにあるなどカビ発生に適した場所
でもあります。

休むべき別荘にカビやカビ臭が発生して
いると、別荘に行きカビ取りからスタート
するようになります。

これはダメです。

皆さん、除湿機や空気清浄機を利用して
おられますが使わないよりはマシですが
カビやカビ臭の決定的な対応にはなりか
ねないので頭を抱えることに。

過去例ですが…


別荘のカビ
別荘のカビ

わずかなカビがカビ臭を呼びます。

目に見えてカビが発生しているなら防カビ
工事の出番になります。
少なくとも地元の管理会社では拭き掃除で
終わることになりますのでカビに効果は
ありません。

今年は、別荘の下見が早い。
明日は群馬県嬬恋村
来週は長野県茅野市(蓼科)
別荘の防カビ工事のピークが前倒ししそう
な勢いです。

別荘のカビでお困りの時は、プレモ防カビ
工事をぜひご検討下さい。


宜しくお願い致します。

 

カビ臭い別荘には防カビ工事の検討を!


カビ臭い別荘に行く機会が増えるGW。
その後、夏休みやお盆休みがあります
ので別荘がカビ臭いと困ります。

カビが発生しているのなら防カビ工事を
ご検討頂ければと思います。


別荘の畳荒床カビ
別荘の畳荒床カビ

カビ臭い!と思い畳を持ち上げると荒床
に大量のカビが発生している!という
こともあります。

和室が多い別荘に伺うことが多いのです
が、和室の壁(砂壁や珪藻土)がカビている
ことが非常に目立ちますし、天井の杉柾
がカビていることすらあります。


収納にはつららのようなカビが…
洗面所収納には特にご注意下さい。

カビ臭い別荘は天井吹き抜けも怪しい。

別荘の室内自体が全て怪しく思えるのが
特徴でもあります。

地元の管理会社では、拭き掃除がメイン
の管理になりますので大した期待をして
はいけません。

もし、カビ臭い別荘が気になるのなら
別荘に泊まって咳き込むようなら
プレモ防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

※別荘地域として、長野県・群馬県
・栃木県・茨木県・山梨県・静岡県
などにも対応しています。


宜しくお願い致します。

明日は、再び東京都北区の民泊施設
防カビ工事
になります。


 

 

別荘の下見と防カビ工事の時期について


別荘の下見と防カビ工事の時期ですが
毎年11月~翌年3月下旬までは行って
おりません。


移動の際に路面凍結や水道の凍結が
あり下見や作業する際に支障が出る
のです。

標高のある場所や湿地帯の別荘は
カビ臭が発生し易い。


板張り天井のカビによるカビ臭

板張り天井のカビによるカビ臭

防カビ工事をするとカビ臭が確かに消失
して来ますので、安心した別荘生活を
送ることが出来ますが、カビ臭を感じる
季節は5月から9月末までです。

過去に別荘防カビ工事した地域で言えば
嬬恋村・軽井沢
那須高原
箱根
蓼科
富士五湖周辺

などが代表です。

海沿いの別荘は、季節に関係なく下見
や防カビ工事が可能です。


ただし、降雪地域の移動はご遠慮させて
頂いております。
雪道慣れておりませんので…

ご理解下さいます様、お願い申し上げます。

 

軽井沢町の別荘下見


軽井沢町の別荘下見にこれから
行って来ます。

夏の軽井沢町ですから混雑しますので
早めの移動です。

前回の別荘下見は3月でした。
かなり傷んだ別荘でした。


傷んだ別荘の和室

傷んだ別荘の和室

別荘では、リフォームをすることがある
と思いますが、カビ臭が残留することが
あります。

つまりカビ臭対策がなされてないのです。
これが非常に多い。

管理もカビに対していい加減。
掃除機で吸い取る、雑巾で水拭きする。
せいぜいカビキ〇ーのような製品で拭く
ことをされるハウスクリーニング業者も
おられるようですが、カビ対策は不十分。

まさしくいたちごっこ状態。

今日はカビ臭のする別荘です。
頑張って下見したいと思います。


 

 

最強の別荘のカビ(長野県軽井沢町編)


長野県軽井沢町に別荘の下見で
伺いました。


防カビ工事専門業者として13年目を迎えて
いるプレモですが、過去例を見ない最強の
別荘のカビを目にすることが出来ました。


ある意味お客様に感謝するしかありません。
それにしても肌がピリピリと痛くなるほどの
カビ臭
には驚きました。


軽井沢町別荘のカビ
軽井沢町別荘のカビ

上記写真は、和室天井のカビです。
8帖と6帖の和室天井がビッシリと上記写真
のカビで埋まっています。

人が来ると空気が動きます。
天井のカビから降り注ぐ胞子が皮膚に当たり
痛く感じるのでしょう。
推測ですが1㎥あたりで10,000-個の胞子は
飛散していると思われます。

※通常の部屋は、1㎥あたり100~200個の
カビ胞子となります。
(胞子が飛散し過ぎて室内の空気が違い過ぎる
のです!)


防カビ工事云々ではなく、まずは解体です。
復旧する際に防カビ工事を絡めてカビに強い
別荘にするのが筋でしょう。

※何度も通わないといけないレベルの防カビ
工事になります。

今日の別荘はまさしく身の危険を感じました。
それにしても、床の板の間まで白カビで覆われ
ていたのにはビックリでした。
それなのに、地元のリフォーム会社は板の間の
上に床を張る!のが安く仕上げるコツと言うの
には驚かされました。

カビを隠す、誤魔化すのが当たり前の建築業界
ですがカビのメッカとも言える軽井沢町での
リフォーム会社の発言には開いた口が塞がりま
せんでした。

※避暑地ならではのリフォーム会社の対応では
なく、埼玉県や東京都でも同じ行為をしている
会社が実は多いのです。
リフォームを予定している方はご注意下さい。


明日は、東京都青梅市にて消臭・防カビ工事
なります。
頑張ります。

 

別荘はカビる


別荘はカビます。

今日は長野県軽井沢町に下見で出掛けます。
軽井沢町の別荘は築年数が経過している建物
も多く管理が行き届いていないことが多い
のでカビも発生しやすい環境にあります。

軽井沢町
那須高原
箱根町
葉山町
蓼科
山中湖


などの別荘が多い地域で防カビ工事した
経験がありますが、湿気が多い&高低差が
多いので苦労します。

 

下駄箱天板に発生したカビ

下駄箱天板に発生したカビ

和室天井に発生したカビ

和室天井に発生したカビ

別荘でカビが発生し易いのは…
ベニア、シナベニア、杉板などの合板
珪藻土(特に柔らかい珪藻土)
石膏ボード(石膏ボード剥き出し状況含)
壁紙


こんな感じでカビがドンドン発生します。
別荘管理会社では、掃除機でカビ吸い取り
後に雑巾で拭き取って終わります。

「どうせまたカビが発生するんだから」と
言う考えが根底にあるのです。

正直これでは管理会社の意味が無い。
レベル低すぎです。


カビが発生しやすい別荘だから防カビ工事
する必要があるのですが、多くの方はまず
しません。
これは管理会社の意見も影響しているのかも
知れません。


今日は午後からの移動になりますので戻り
が遅くなりますのでこの時間のブログ更新
となりました。


別荘を所有されている方は防カビ工事
されることをお勧めします。

管理が楽になりますから。

宜しくお願い致します。

【別荘やセカンドハウス】和室のカビや臭い


別荘にカビはつきものです。

別荘は山間地や湖や海の近くにあるのが相場です。
つまり、湿気が非常に高い土地にあるということになります。

そのため、別荘にカビが発生することは日常茶飯事ですので
別荘に行くと、目視出来るカビが無いのにやたらとカビ臭い。
目につくところに、目視出来るカビコロニー(集合体)が沢山
発生している別荘も少なくありません。


別荘はたまにしか利用しません。
だから管理が大変です。
地元の不動産会社や管理会社に依頼してもハウスクリーニング
をするだけになります。
そのような行為はカビ対策とは言いません。

中でも和室が多い別荘ではカビは避けられない状況になります。



別荘和室天井壁のカビ

別荘の天井壁に発生しているカビ


たまにしか行かない別荘だからお金をかけるのはもったいない
と思う方もいるでしょうが、別荘に衣類を置いているだけで
カビ臭が染み付くことすらあるのです。

帰りの車中で、カビ臭い衣服を着たまま移動するのは苦痛で
しかありません。


別荘のカビ臭や目視出来るカビが発生しているなら
防カビ工事が有効です。

 

上記写真の様な和室の壁については、スポンジの様な
珪藻土ですので、剥がしてクロス壁紙仕様に変更する
のが適しています。



天井は防カビ工事で再発を防止出来ます。
畳もカビ発生を防止出来ます。
障子もカビ発生防止を可能にします。
押入れは、特にカビが発生し易いのですが防カビ工事
で再発防止出来ます。



別荘のカビやカビ臭でお困りの時は、プレモの防カビ
工事をぜひご検討下さい。


埼玉県・東京都・神奈川県を中心に関東一円に
対応しています。
※軽井沢町や静岡県内の避暑地にも対応しています。







 

別荘を利用する前にカビ対策しておくのは必須


別荘はたまにしか行きません。
年に4回も行けば十分!という方も少なくないでしょう。

たまにしか行かない別荘はカビの巣窟になります。


別荘の畳に発生するカビ

別荘の畳に発生する白カビです。


別荘の和室天井に発生するカビ

別荘の和室天井に発生するカビです。


別荘の押入れ・収納に発生するカビ

別荘の押入れ・収納内に発生するカビです。



別荘のカビ対策をしなければいけません。
そのためには、防カビ工事によるカビ対策が重要なのですが
所有者だけでなく、管理会社も呆れるくらいカビには無頓着
と言うか場当たり的な対応しかしていません。


管理会社や清掃会社では、カビは掃除機で吸い込み終わり。
もしくは、掃除機で吸い込んだ後雑巾がけで終わり。
もしくは、掃除機で吸い込んだ後、次亜塩素酸ナトリウムを薄めて
拭いて終わりだそうです。


そのような対応でカビが止まるなら苦労はしません。
カビ臭さはどうしますか?
カビ臭が染み込んだ臭いの部屋で就寝するのですか?

据え置き型除湿機を1年中使用し続けている別荘も以前
見たことがありますが、それだけでカビが止まるはずがありません。


たまにしかいかない別荘にお金をかけたくない気持ちは
理解出来ますが、別荘から帰る時に衣服のニオイを嗅いで下さい。
カビ臭く無ければラッキーだと思えるほど、別荘のカビは
深刻化しています
し、カビ対策にお金をかけることを渋る
所有者が多いことにはビックリします。


これから本格的に別荘を利用するシーズンがやって来ますが
8月に利用するなら今のうちに防カビ工事によるカビ対策の
ご検討をされてみては如何でしょうか?


 

梅雨入りと別荘のカビ臭


梅雨入りして別荘のカビ臭が気になる季節になりました。


別荘の押入れのカビ

別荘の収納のカビです。


別荘は、温度差が激しく、結露も発生し易い場所
ですから建物の管理は大変です。



以前、山中湖の別荘に伺った時は、10月で管理人さんは
コタツを利用していました。
その隣の別荘では除湿機に水が溜まるスピードの速いこと!
如何に寒暖差が激しい場所なのか?湿気が溜まりやすい場所
なのか?を知った次第です。

こんな感じでは、別荘がカビだらけになるのは仕方ないと思った
次第です。


湿気対策は、皆さん管理しているようなのですが・・・
カビについては意外とアバウトなんですね。
別の書き方をすると、軽視している!と言うか諦めている!
と思うこともしばしばあります。

とりあえず除湿していればOKなのでしょう。


ただ、あまりにも酷いカビ臭や目視出来るカビコロニーが
沢山あるならカビ対策を本気で考えましょう。


信じるか?信じないか?は皆さん次第ですが、別荘のカビ
には防カビ工事がお勧めです。
※別荘の防カビ工事については、弊社の取り決めがあります。
工事前にお伝えしますので、ご理解ご承知下さいませ。


別荘のカビ取りで疲れたなら、プレモの防カビ工事
をご検討下さい。


関東の別荘地域に出掛けてカビが発生し難い環境
を作ります。