ホーム>ブログ>建築中のカビ

建築中のカビ

建築中住宅の雨による構造用合板カビ


台風19号が関東に上陸しようとして
いますが、皆さんはどうお過ごしで
しょうか?


大きな被害が無ければ良いのですが…

雨漏りも心配になる住宅もあると思い
ますし、建築中住宅は注文住宅や建売
住宅関係なく建て方よりも進んでいる
いる状況下では、まだ構造用合板が
剥き出し状態になっていますのでカビ
が心配になります。



雨に濡れ続けた構造用合板のカビ
雨に濡れ続けた構造用合板のカビ


構造用合板や木材は雨に濡れ続けると
非常にカビやすい。



管理するはずの建築会社は養生するの
ですが暴風雨などで養生と構造用合板
の隙間に雨水が流入し、アクやカビを
呼び込むことになるのです。
※さらに、現場保管している木材も
大量のカビが発生し、使いまわすこと
が良くあります!ご注意下さい。


建築会社は、カビ対処には疎い。
だから、カビ処理がいい加減。

構造用合板を剥がせば一気に片が付く
のにやらない。
結果、施主様から怒りの指摘が来るの
です。(さらに床下はカビ臭が…)


このような時は、防カビ工事が非常に
有効です。
実際に建築中住宅で構造用合板や木材
に防カビ工事すると、防カビ工事に
反論していた大工も納得の仕上がりに
なるます。(問題は建築会社のみです)



プレモでは建築中住宅の防カビ工事
に力を注いでおりますが、防カビ工事
代金は前払いとさせて頂いております。



建築中住宅のカビでお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。

建築中住宅の防カビ工事代金は前払い
のみ対応しております。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
しています。


お気軽にお声かけ下さい。

宜しくお願い致します。

 

 

建築中・竣工直後の床下カビが増えている!


床下点検口を開けるとカビ臭がする。

床下点検口も45㎝角で階段下収納に
隠されていることも実に多く、建築
会社が如何に床下を軽視しているのか?
が良く分かります。



昔の住宅よりも今の住宅のほうが床下
がカビやすいことを皆さんはご存知で
しょうか?



建築中床下基礎内断熱合板カビ
建築中床下基礎内断熱合板のカビ


床下が複雑すぎます。
もっとシンプルで良いと思うのですが。


床下基礎内断熱工法
床下密閉型工法(工法とまでは言えない)
1階と床下の空気を循環させる工法
(かなり危険な工法です)


台風やゲリラ豪雨による構造用合板の
雨水被害。

(もっと根本的な問題があるのですが
ブログで書いても仕方ないので省略)


注文住宅なら施主様が、建売住宅契約前
の施主様まで床下のカビやカビ臭チェック
はするべきです。


建築会社を信じてはいけない!
そういう時代になりました。

現場監督は十数棟担当しています。
すると1棟あたりに滞在する時間は15分
あるのでしょうか?

問題は大工が現場監督の代わりをしている
ことでしょう。(大工さんかわいそう)


結果として、床下のカビやカビ臭などは
知らない監督が実に多いのです。


建築会社はそもそもカビやカビ臭を軽視
しているので、カビ対策はまともにやる
ことを期待してはいけません。

下請けや出入りしているシロアリ駆除業者
が防カビ工事らしき行為をするのが関の山
ですので、長くカビを止めてもらいたい!
と願う施主様の気持ちとは裏腹に止まらな
くても仕方ないと言い切る建築会社も少な
くありません。


皆さんはどう思いますか?
それでも、建築会社を信じて床下のカビ
やカビ臭チェックをしませんか?

費用があればホームインスペクターのよう
な企業に第三者として調査してもらうのが
一番に良いでしょう。



プレモは、建築中・竣工直後の床下のカビ
の防カビ工事は対応していますが、工事
代金前払いになります。

ほとんどの建築会社は認めてくれません。

中には工事代金を踏み倒しする建築会社も
いますので、同じことを繰り返さないため
にも工事代金前払いを実施しています。

※これだけは譲れません。

宜しくお願い致します。


明日は、神奈川県鎌倉市に伺います。



 

大雨と建築中住宅のカビ


台風が関東に上陸しようとしています。
建築中住宅は大丈夫でしょうか?


建築中住宅は養生もしっかりされている
と思いますが、床の構造用合板に養生を
すると合板と養生の間に雨が入り、カビ
を発生させる要因になります。
※建築会社の方なら知っている常識です


それでも合板や木材は濡れます。
台風で怖いのは雨と風。
特に降水量は一時的に大変多くなるので
養生しても限界があるのです。



建築中住宅雨に濡れた構造用合板
建築中住宅雨に濡れた構造用合板


建築の場合、工程を延ばすことを良しと
しませんので、出来るだけ早い時点で
構造用合板の上にフローリングを貼る
ことをしようとします。

乾燥していない、カビ対策もしていない
状況でフローリングを貼られたらたまった
ものではありません。


そうなる前に、施主様は工事を一時止めて
乾燥やカビ対策に充てる期間を設ける必要
があります。



構造用合板や木材は、アクが発生します。
アクはカビを呼ぶ原因にもなりかねません
ので早期のカビ対策を考えましょう。



建築中住宅の構造用合板や木材のカビで
お困りの時は、プレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

※茨木県・群馬県・栃木県にも対応
しています。


宜しくお願い致します。




 

建築中住宅の防カビ工事してます


神奈川県横須賀市で建築中住宅の防カビ
工事を行っています。


メインは、構造用合板です。


養生しても雨風で養生したに雨が入り
構造用合板にカビが発生します。
カビだけでなく、アクも発生すること
になります。



建築中合板のカビとアク
建築中合板のカビとアク


アクは、人体に悪影響を及ぼすものでは
ありませんので、せいぜい薄くなる程度
です。(アク抜きをすれば良いのですが
予算の関係で人体や建物に影響のある
カビが問題になります)



構造用合板に、プレモ防カビ工事を行い
ました。ダブル殺菌消毒と防カビ施工で
懸案のカビ臭も消えました。



明日も横須賀市で防カビ工事。
頑張らないといけません。


建築中のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。


宜しくお願い致します。

 

建築中のカビは早期の防カビ工事を


7月の梅雨の長雨で建築中住宅の
木材・集成材・構造用合板などに
カビが発生することがあります。



建築中構造用合板のカビ
建築中構造用合板のカビ


カビが発生した責任を建築会社は
回避しようとします。
(気持ちは分かりますが…)


ただ責任回避するだけでは先に進め
ませんので、早期に防カビ工事する
必要があります。


建築業界では、カビが発生した場合
第三者である防カビ工事専門業者を
入れることにいい顔をしません。


なるべく排除しようとします。


それでカビに強い構造用合板になれば
良いのですが、問題が根深く理想を
書けば交換するぐらいの気持ちが無い
といけないと思う次第です。

余計な出費はしたくない。
現実問題としてカビは何とかしないと
いけない!
この狭間で悩むのです。


プレモでは防カビ工事を推奨して
います。

問題は2つ。
建築会社や施主様が納得するか?
防カビ工事が前払いなので出せるか?
になります。


プレモ防カビ工事では、殺菌消毒と
防カビ施工でカビに強い住まいにする
べく対応しています。


建築中住宅のカビでお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。


宜しくお願い致します。


 

 

建築中住宅の防カビ工事は前払いで!


建築中の住宅にカビを発生させたにも
関わらず、その場を取り繕い逃げる
建築会社があります。



そのためプレモでは、建築中の防カビ
工事は建築会社の大小関係なく前払い
で行うようにしています。



建築会社その場を潜り抜ければ良いと
考えがちですが、住宅購入した施主様
は逃げる訳にはいきません。


しっかりと建築中の住宅を建てる責務
がありますが、逃げる会社が多いよう
です。



雨による建築中住宅木材のカビ
雨による建築中住宅木材のカビ


建築会社はカビを軽視しています。
カビが原因で病気になるとは思って
いない人たちの集まりが建築会社や
職人だったりします。



だから対応はいい加減。
酷いものです。


経験がないのに適当な処理して施主
様に納得させようとする建築会社。

何かというと会社の法務部が出て来て
第三者的な会社(プレモのことです)に
工事させない&余計な費用は出さない
ようにする建築会社。

その場を上手く逃げるために防カビ
工事させておいて支払いを行わない
建築会社。


もう悪の権化です。


プレモの防カビ工事は時間がかかる。
即席の防カビ工事ではありません。

建築中の木材に防カビ工事するのも
時間がかかります。
当然薬剤の消費量も半端ないので
防カビ工事費用も必然的に高くなる
のですが、防カビ工事すれば木材に
カビが発生し難くなるので安心です。



建築中住宅の木材のカビでお困りの
時は、プレモ防カビ工事をご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。
※上記以外の地域にも対応します。
※下見は必須です。
※建築中住宅の防カビ工事は入金
確認後に行います。



ペット臭や事故物件後のニオイで
お困りの時は、プレモ消臭工事を
ぜひご検討下さい。
染み付いたニオイにも効果がある
ので幅広い臭いに対応出来ます。


防カビ工事同様、プレモ消臭工事
も併せて宜しくお願い致します。

 

大雨による建築中構造用合板のカビと交換


大雨により建築中の構造用合板が
水分含有量過多になり、カビが発生
することがあります。



養生を行っても隙間から濡れアクや
カビが発生してしまいます。



大雨に濡れた建築中構造用合板のカビ
大雨に濡れた建築中構造用合板のカビ


通常は構造用合板の交換です。
乾燥させてもなかなか水分含有量が
大幅に減ることはありません。
何故なら時間がかかるからです。

乾燥させている間に雨が降れば
元の木阿弥になります。


ここで建築会社の信頼性が問われ
ることになります。

建築会社などに聞くと多くは合板
交換の負担は建築会社側にある!
と言います。

ところが、中には施主様の自腹で
あれば合板交換をする!と言い切
る呆れる建築会社もあるのです。


これから契約する方は、このような
事例の時にどう対応するのか?の
確認をされると良いでしょう。



合板や木材のカビでお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。


 

雨に濡れた構造用合板のカビ対策は?


梅雨です。

これから建築中住宅にゲリラ豪雨や台風
がやって来て雨で染みを作る季節が来て
しまいます。


雨染みが発生した構造用合板は黒く変色
し、やがてカビを発生させるようになり
ます。


建築中住宅の施主様は、雨に塗れた構造
用合板のカビ対策をしていますか?



雨に濡れた構造用合板のシミ
雨に濡れた構造用合板のシミ


雨に濡れた構造用合板の被害が酷い時は
すぐに交換をお勧めします。



雨に濡れた構造用合板の被害が思った
以上に酷くないのだが、カビが発生して
来た場合に限り、プレモ防カビ工事を
お勧めしています。

雨染みが一定量ある時は、アク洗いする
ことをお勧めします。
アク洗い→殺菌消毒→防カビ施工になり
ます。

この作業はプレモで対応可能です。


ただ、施工面積が広く時間と費用が出せ
る時限定になりますので、工事にならな
い事例のほうが多いのです。

何より、建築会社の許可が出ません。
費用捻出も多くの建築会社は拒否します
のでカビトラブルに発展します。


建築中住宅の雨に濡れた構造用合板の
カビでは、工事代金前払いをお願いして
おります。


何故なら、小さな建築会社の場合支払を
せずに逃げる会社もあるからです。
会社設立10年未満、社員数10人前後の
ような建築会社は要注意です。


これから増える構造用合板のカビ
新居建築中に雨に濡れたら自主防衛する
ことをぜひお考え下さい。



雨に濡れた構造用合板のカビでお困りの
時は、プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。


 

 

建築中の住宅にカビが発生し防カビ工事をする時は


防カビ工事代金前払いになります。
会社の大きさ関係なく前払いです。
それ以外はお請けしません。

社歴の短い会社で工事実績が乏しい会社
会社役員が若い人が多い会社
地元に根付いていない会社
工事を急がせて見積書のことを何も話さず
にいる会社や担当者


仕事を請けるには非常に危険です。
今後は断ることにしました。



何故、そのようなことになったのか?
今年の1月に工事した東京都西東京市の
注文住宅
がキッカケでした。

室内の構造用合板及び床下防カビ工事を
依頼されましたので行いましたが、代金
を支払わずに逃げられました。

(未だに逃げまくっています。このような
会社の人間たちは形を変えてまた人を騙す
ことを平気でするので、別の被害者が発生
することになります)


建築中の住宅床下のカビ
建築中の住宅床下のカビ

建築中の住宅にカビが発生すると建築会社
の本性が分かります。


徹底的にお客様が納得するまで対応して
くれるのは、地元に根付いて長い間建築を
行っている建築会社。

ある程度の会社の規模が必要になります。

小さな会社は自転車操業ですので余裕が
なく言い訳ばかりしています。


カビ対策も違いが分かります。
社員や下請け(協力)業者にカビ取りをさせて
済ますような建築会社はアフターメンテナン
スに疑問が生じます。


カビが発生したら真摯に対応しない建築会社
が実に多過ぎる現状は新築住宅を建てては
いけないのでは?と思えるほどです。

これから新居を建てようと思う人は
ぜひ参考にして下さい。

建築中のカビが発生したら、プレモ防カビ
工事は前払いとさせて頂きます。
それ以外は行いません。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。


 

建築中のトラブルで逃げる建築会社がある!


東京都某所で建築中の新居(注文住宅)に
カビが発生した!と施主様から相談を
受け、その後建築会社から相談を受け
結局防カビ工事することになりました。

ところが、防カビ工事代金未払い。

さらに建築が止まったままで半年以上
が経過しているのです。

建築会社に連絡しても電話に出ない。
担当者だった〇務さんは人当たりが良い
のですが、代金未払いと言うこともあり
連絡つかない状況に陥りました。
(東京都〇〇〇市の小さな建築会社です)

施主様の場合、大金を支払って建築中に
トラブル発生して宙ぶらりん状態。


建築中の床下大引きのカビ
建築中の床下大引きのカビ

新居を注文住宅で建てる場合、知って
おかないといけないことがあります。

1)知り合いの建築会社や一級建築士に
依頼してはいけない

2)一級建築士が設計し、建築はコンテ
スト方式で建築会社を決めるやり方は
トラブルの元になることも

3)小さな会社は避ける
トラブル発生すると資金繰りが厳しく
なり、とんずらすることも!

4)建築会社に不安を覚えたら第三者の
会社に建築中の監督の依頼をすべき
費用は掛かりますが、それがベスト!

5)弁護士と仲良くすること

建築中に逃げる建築会社があります。
弁護士はいざと言う時の盾になって
くれるのでは?と思ったりもします。

必要以上に建築期間が長い時は、建築
会社の職人不足と資金繰り悪化を想定
しておくと良いでしょう。

建築中のカビトラブルは結構多い。
プレモでは、建築中のカビトラブルは
今後前払いとさせて頂くことにしました。


宜しくお願い致します。

皆さんも建築中のカビトラブルには
ご注意下さい。