ホーム>ブログ>リフォームとカビ

リフォームとカビ

内窓設置でカビが止まることは無い


内窓設置のために嘘を平気で言うのは
良くありません。



対象となるのは、建築会社・リフォーム
会社などになります。


内窓は元々”断熱・防音”のために製造され
たものであり、カビを止めるために製造
されたものではありません。

建築会社・リフォーム会社の多くは結露を
止めれば、あるいは減らせばカビが止まる
と考えがちです。


内窓を設置している部屋に伺いことが多い
のですが、結論から言うと多くは失敗して
いるのです。
ちなみに、内窓設置をしたリフォーム会社
などは、その後の状況を確認していません
ので知る由もないのです。



内窓設置でも発生する壁紙のカビ
内窓設置でも発生する壁紙のカビ


当たり前の話ですが、内窓で結露を減らせ
ばカビが発生し難くなるという考え自体は
理解出来ますが、そう上手くはいかないの
が現実です。

と言うのも、断熱効果の弱い場所が結露し
カビ発生に繋がるからです。


それでは、断熱工事をして…となるのです
が、部屋全体の断熱工事をすると表面結露
が発生することになり、カビがまたまた
発生することになるのです。


それでは、どうしたら良いのか?
少なくとも内窓でカビを止める!的な発想
は止めて頂きたい。

カビを止める直接的な効果は内窓には一切
ありませんので。


今日は、大田区に住む方からそのような
電話を頂戴したので書かせて頂きました。


カビを止めるには、いろいろな条件があり
住み方の工夫とプレモ防カビ工事で出来る
ことが多いのです。

カビやカビ臭のする部屋で生活するのは
健康上絶対に良くありません。



今のカビやカビ臭を一度リセットする意味
でも、プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


お気軽にお声かけ下さい。


明日は、東京都北区に手直し工事。
私が気になるので押しかけ手直し工事
になります。(お客様すみません!)


 

やってはいけないDIYでのカビ対応


やってはいけないDIYでのカビ対応
下見するたびに見受けられます。


収納に塗装する
収納べニアを重ね張り

壁紙を剥がし、壁紙下地に浴室用カビ
取り剤で拭き続ける

壁紙を剥がし、市販の壁紙を張る
壁紙を剥がし、珪藻土を厚めに塗る

砂壁をメラミンスポンジで拭く


いずれも、やってはいけないDIYです。



浴室用カビ取り剤で拭き続ける壁紙下地
浴室用カビ取り剤で拭き続ける壁紙下地


DIYですから費用は安いものです。
ホームセンターに行けば何とかなる
範囲ですから。


安く仕上げる=カビを軽視している
と思われてもおかしくない行為だと
いうことを知った上で行う必要がある
と思います。


つまり、DIY後に余計な出費が大きく
のしかかることになるのです。


早めに対応していれば、こんなことに
ならずに済んだケースは少なく無いの
ですから、相談1つでもして頂ければ
と思います。


住まいのカビやカビ臭でお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。



 

 

和室から洋室に仕様変更する際の床下防カビ工事


和室は人気がありません。
だから、洋室に仕様変更する方が増えて
いるのです。

例えば、中古住宅を購入すると1~2
部屋和室がありますので、和室から洋室
に仕様変更するリフォームをされる方が
圧倒的に多いのです。


1階の和室を洋室に仕様変更する時は
畳を撤去処分するはずです。
そして、床板(荒床)を剥がしてコンパネ
(合板)に貼り替え、床断熱を敷き込み
根太を交換し、中には床下の土間に調湿
材を敷く方もいます。

その時こそ、防カビ工事のチャンス。

土台・根太・大引き・コンパネ(合板)に
防カビ工事です。



和室床解体後の大引き防カビ工事
和室床解体後の大引き防カビ工事


コンパネ(合板)に断熱材をくっ付ける
床下断熱があれば防カビ工事する必要
は薄まります。

根太は、事前に用意して敷地内の置き場
(主にガレージ)などにあれば、防カビ処理
することが可能になります。


和室の床を解体して、土台・大引きに
防カビ工事。根太は交換になりますので
別途オプションで防カビ工事するのが
良いと思う次第です。


和室の床下木材や合板はカビやすい。
だから、防カビ工事が必須なのです。
(汚れも目立ちます)


和室から洋室に仕様変更する際の土台
・大引きの防カビ工事なら、プレモに
相談下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。

 

壁紙石膏ボード下地は交換すればカビは止まるのか?


東京都品川区の賃貸マンション防カビ
工事を終えて、昼過ぎに埼玉県越谷市
の賃貸アパート下見を行いました。



壁紙下地のカビは結構酷かったのです
が、声をかけて下さった管理会社担当
者の方には申し訳ないのですが、解体
して石膏ボード下地交換を予定して
いると言われた時は、ガッカリしました。



賃貸マンション壁紙石膏ボード下地カビ
賃貸マンション壁紙石膏ボード下地カビ


賃貸住宅は不特定の方が住みます。
どんな使われ方をするのか分かりません
ので交換するのは当然だと思いますが
石膏ボードを交換してカビに強くなる
訳ではありません。

大いなる勘違いです。


同じ環境で、カビを発生させた入居者
と似たような新規入居者が住み始める
と壁紙や壁紙下地にカビが発生する
ことがあります。


石膏ボードには防カビ効果は無い!
のです。

壁紙や壁紙糊には防カビ仕様・防カビ
剤入りと記載されていますが、これも
JIS規格ですからカビに対しての効果
はほぼ無い!と考えて間違いではあり
ません。



上記写真のような状況でも防カビ工事
をすれば、カビに強い壁紙石膏ボード
下地になります。


ただし、解体→交換を否定する訳では
ありませんのでご理解下さい。


以前は、壊して交換するのが壁紙下地
の常とう手段でした。
今は、防カビ工事があります。

そのことを知って頂ければ幸いです。


賃貸住宅の壁紙石膏ボード下地の
カビでお困りの時は、プレモ防カビ
工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。


宜しくお願い致します。


明日から3日間は、千葉県我孫子市で
マンションの壁紙張替えに伴う防カビ
工事
になります。


 

 

内窓設置後室内のカビが酷くなる


リフォーム時に結露対策で内窓設置
を勧められることがあります。


ただ、内窓設置すると室内が魔法瓶
のように暖かくなり、湿気が逃げ難く
なりますので、部屋の四隅にカビが
発生しやすくなります。



内窓設置後の壁紙黒カビ
内窓設置後の壁紙黒カビ



内窓設置後ベッドのカビ
内窓設置後のベッドのカビ


室内をカビ発生確認をしましょう。
カビ臭も発生するようになります。
カビ臭についてもご注意下さい。


寝室・子供部屋などの場合、カビ
やカビ臭は健康を害する天敵です
のでカビ対策を行う必要があります。

※就寝したり勉強する部屋ですので
カビやカビ臭は問題になります。


呼吸器系や皮膚系の持病の方は特に
カビやカビ臭に注意が必要です。



部屋のカビやカビ臭でお困りの時は
プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。


宜しくお願い致します。


 

 

リフォーム中壁紙剥がしたらカビ発見!


リフォーム中に壁紙剥がしたらカビ発見
したら、リフォーム会社の皆さんはどう
対応しますか?



壁紙剥がしたら下地のカビ発見
壁紙剥がしたら下地のカビ発見


リフォーム会社の場合、監督でカビ対応
は左右されます。

内装職人に丸投げ
内装材メーカーのアルコール系薬剤使用
消毒用エタノールで拭く
浴室用カビ取り剤で拭く
洗剤で洗う


上記の対応では全くダメ。

でも、現場で働く内装職人はもっと酷い
対応をします。

壁紙糊にカビが発生しているのに使用し
続けるのです。
これは、昨日初めて会った内装職人から
聞いた話で、自信満々に話してました。


これが現実でしょう。
如何にカビを軽視しているか?
昔から、カビが発生しているのを使用
するのは当たり前!という愚かな考え。

これには呆れるばかりです。


今まで、プレモは埼玉・東京のリフォーム
会社の皆さんに営業らしいことをして
いませんでしたが、今後はブログにも書い
ていこうと思うようになりました。


埼玉・東京のリフォーム会社の皆さん。
壁紙下地のカビを発見したらプレモ防カビ
工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。


 

カビを軽視するリフォームを目撃!


マンション天井でカビが発生したので
リフォームを検討している時は、よく
見ていたほうが良いと思います。


カビの上から天井木下地造作
カビの上から天井木下地造作

カビを塞ぐつもりでしょうか?
カビはそのまま。

如何に大工さんがカビを軽視している
のかが分かる1枚の写真ではありません
か?

リフォームする方はお気を付け下さい。

 

内窓取付け前に防カビ工事を


内窓と腰窓の話です。

出窓や腰窓には結露が非常に多い。
特に出窓の結露は酷い。

お客様の中には、出窓に内窓取付を検討
している方が多くおられます。

内窓取付する前に、周辺の壁天井の防カビ
工事することをお勧めします。



プレモでは、内窓を断熱・防音効果以外に
は大きな期待を持たないことをお勧めして
います。

結露防止は副次効果的とお考え下さい。
※内窓だけでなく、壁天井が激しく濡れて
カビが発生することも非常に良くある話。

過去例になりますが、出窓周辺の壁天井の
防カビ工事を行ったことがありますので
少しご紹介を。

 

雨漏りによる出窓天井内の腐れ

雨漏りによる出窓天井内の腐れ

出窓天井内防カビ工事後ベニア貼り

出窓天井内防カビ工事後ベニア貼り

 

出窓壁紙下地防カビ工事のサムネイル画像

出窓壁紙下地防カビ工事

腰窓下段(敷居)シート貼り

腰窓下段(敷居)シート貼り

 
内窓取付の際に、壁紙にカビが発生して
いても関係なくそのまま取付される業者
が多いのが実情です。

出窓や腰窓周辺の壁紙下地などでは単純
な壁紙張替えでカビが何とかなるもので
はありません。

防カビ工事が必須です。
壁紙張替えに伴う防カビ工事です。


上記写真でも、壁紙を剥がすと必要以上
に内装用パテが壁紙下地に塗られている
様子が分かります。

一歩間違えると「パテによるカビ隠し
になっていることがあります。

残念ながら、リフォーム会社や建築会社
はカビに対しての対策が非常に甘い。


皆さんも内窓取付の際は、ご注意下さい。


出窓や腰窓周辺の壁天井下地のカビで
お困りの時は、プレモ防カビ工事を
ぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。




 

そのリフォームはカビ対策してますか?


そのリフォームはカビ対策してますか?

多くのリフォームは、カビ対策と称して
内窓・断熱工事・調湿効果の建材で誤魔化
すことが多いのです。

カビ対策とは、建材がカビに強くなること。
カビの発育阻害環境を作ることになります。

難しい話を書くつもりはありません。
ただ、おかしなリフォームが横行している
のは事実でしょう。

プレモとしては、過去に随分リフォーム後
にカビが発生した現場を見て来ました。


壁紙下地からのカビ
リフォーム2年後の壁紙下地からのカビ

砂壁の上にベニアを張り、壁紙仕上げに
したお部屋の2年後の写真です。

原因はともかく、壁紙下地から大量のカビが
発生しています。

カビを軽視したリフォームをするとこのよう
なカビが発生するようになります。


今のリフォーム会社はカビを軽視する傾向
にあります。
カビを軽視するから、カビが発生しても
おかしくない状態なのです。

先ほども書いたように、カビ対策を真剣に
考えないといけません。
今までの慣習で行う断熱工事・内窓取付け
仕上げに調湿効果のある建材を利用するだけ
の工事でカビが何とかなると思わないほうが
良い
と思っています。

お客様は情報を多く取り込むことが出来ます
が、リフォーム会社は古い考えに固執する
ことがありますので、お客様との考えの相違
は開く一方です。


色々質問して「納得いかない」とお考えなら
カビ対策としてプレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

明日から3日間は、東京都西東京市で建築中
戸建室内の防カビ工事
になります。

頑張ります!

 

 

結露の酷い部屋のリフォームにはご注意を


結露の酷いマンションの部屋のリフォーム
をする際に、壁石膏ボードを交換する時が
あります。


マンションの壁石膏ボードはGLボンドで
固定されているのですが、石膏ボードの
交換をする際は既存GLボンドは撤去するの
が一般的です。

ただ、GLボンドなる石膏の粘土が剥がれ
ないような時は、既存GLボンドを生かして
石膏ボードを取付けることがあります。
GLボンドは固まってしまうと、新たな石膏
ボードを固定することが出来ないのでビス
で止めるようになります。

すると、このビスが結露で錆びてしまい
結露によるカビも発生することに!

 

GLボンド結露による壁紙のカビ

GLボンド結露による壁紙のカビ

GLボンドビス止めの錆とカビ

GLボンドビス止めの錆とカビ

手間暇かけても、GLボンドは撤去すべき。
現実にはなかなか出来ない点もあることは
防カビ工事専門業者であるプレモも分って
いて書いています。

壁内結露が発生し、カビがGLボンドに伝い
石膏ボードをカビさせるのですから対処方法
はかなり減ります。

最低でもGLボンドは撤去すべき。
GLボンドは石膏の粘土ですから、水分を
大量に含んだまま石膏ボードを固定させる
ので、石膏ボードはカビ易いのです。

本来ならばGLボンドに防カビ処理するのが
良いのですが、費用面でそれが出来る方は
非常に少ないのです。

上記写真の場合は、石膏ボードの交換まで
出来ませんでしたので、石膏ボードの防カビ
工事と壁紙張替えになりました。


結露の酷い部屋のカビやカビ臭でお困りの時
は、プレモ防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。