ホーム>ブログ>屋根裏のカビ

屋根裏のカビ

住宅屋根裏がカビやすい


屋根裏がカビやすい。

三階建ての三階。
二階建ての二階。

ロフトがあるような住宅は屋根形状の
天井になっているので、断熱材が野地
板(合板)に直接取付てあるような状態
が多く、結露が発生しカビが酷くなる
傾向にあります。



過去例ですが、写真をご覧下さい。



屋根形状天井のカビ
屋根形状天井のカビ


野地板の断熱材
野地板の断熱材


結露による断熱材カビ
結露による断熱材カビ


結露による野地板カビ
結露による野地板カビ


結露による野地板黒カビ
結露による野地板黒カビ


三階建ての三階は屋根裏に換気出来
ない造りの住宅も多く見受けられま
す。特に屋根形状と同じ天井形状で
は断熱材による野地板合板の結露に
よるカビが大問題。

三階建ての三階。
二階建ての二階がカビ臭いと感じた
時は、もしかしたら屋根裏が問題
ありなのかも知れません。


プレモでは屋根裏のカビにも対応し
ておりますが、注意点が2つあります。


1つは、手が届く範囲、目視出来る
範囲でなければ防カビ工事すること
が出来ません。
屋根裏に上り防カビ工事するのは
無理な体勢で行いますので危険です
ので、防カビ工事が思うように出来
無い可能性があります。


屋根裏のカビが酷い時は、出来れば
天井解体も必須になることがある

ですが、プレモでは天井解体は現状
行っておりません。
※屋根裏の全貌を見る上では、天井
解体は重要と考えます。

もう1つは、天井点検口の無い住宅
が多いのも問題です。


屋根裏を見る際に天井点検口ぐらい
建築会社に依頼して設置して頂きたい
ものです。



上記写真のような野地板合板の黒カビ
においては、防カビ工事の殺菌消毒
だけでは対応し切れないことがあり
ます。(別のアプローチを行います)

そのような工事を行う際には天井の
解体が必要にならないとも限らない
点をぜひご理解して頂ければと思う
次第です。


屋根裏は結露しやすい。
屋根裏は結露によるカビが発生する。
そのことを知って頂ければと思います。


屋根裏のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。

茨木県・栃木県・群馬県にも対応
出来る地域(下見無料地域)があります。


お気軽にお声かけ下さい。

 

屋根裏のカビを見たことありますか?


お住まいの住宅の屋根裏をチェック
したことありますか?



屋根裏のカビを見たことありますか?


一般の方でも、屋根裏にカビが無いか
のチェックをされている方がいます。
稀かも知れませんが、いらっしゃるの
です。



屋根裏合板のカビ
屋根裏合板のカビ


床下だけでなく、屋根裏もカビます。
ただ、屋根裏は確認するのが大変。


天井に点検口があっても、クローゼット
内とか侵入するのも苦労する場所に設置
されているのです。


上記写真のお客様は2階洋室のエアコン
付近に点検口を設置して下さいました。
(有難うございました!)


合板のカビは結露で発生します。
雨漏りもありますが、雨漏りの時は別の
機会にご紹介します。

今回は、写真の赤い線で囲んでい場所
の防カビ工事でした。


皆さんはご存じないかも知れませんが
屋根裏は意外とカビやすい場所です。
そのことだけでも知って頂いて点検口
から確認して頂くのも必要なのかな?
と思う次第です。


理想は、屋根裏合板に発生している
カビの付近に点検口があることです。
屋根裏に上り、防カビ工事するのは
リスクがありますから。
※点検口を設置すると、後日確認を
定期的に出来ます。



皆さんはどう思いますか?


屋根裏合板のカビでお困りの時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。

茨木県・群馬県・栃木県にも対応
出来る地域があります。


宜しくお願い致します。


今日は、埼玉県和光市にて和室解体
後の土台・大引き防カビ工事
です。

 

屋根裏野地板のカビは多い


狭小3階建て住宅などでは屋根裏の換気
不足などで野地板にカビが発生すること
があります。



実は、先日も神奈川県横浜市某所の住宅
を見ていたのですが、20世帯ある住宅で
は、軒天が無い上に換気する換気口を
見つけることが出来ませんでした。

屋根裏はどうなっているのでしょう?


3階建ての3階に居るとカビ臭い!
そういう時は、壁天井を疑いますが…
実は屋根裏も疑う必要があるのです。



屋根裏野地板の白カビ
屋根裏野地板の白カビ


屋根裏の換気は必要不可欠。
屋根裏の高い温度を屋外に排出して
くれますから、温度差により発生する
結露を抑止してくれるのです。


それから、断熱材の在り方も問題に
なります。

ダメな建築会社だと野地板に断熱材を
貼り付けることがあります。
これは絶対にやってはいけない行為。

結露が発生する上にカビが大量発生
することになります。


野地板の結露によるカビの発見が
遅れると木腐れを起こし交換するよう
になりますので、大変な工事になる
ことがありますので屋根裏のカビを
軽視しないで下さい。



屋根裏で作業できる環境かどうか?
もありますが、野地板のカビで
お困りの時は、プレモ防カビ工事を
ご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県も対応しています。


宜しくお願い致します。


 

 

屋根裏換気出来てない住宅はカビの心配を


屋根裏に結露とカビが発生することが
意外と多くあります。


屋根裏換気が出来てない。
断熱材の貼り方の間違い。
屋根と天井に余裕が無い。

屋根裏結露によるカビにはご注意下さい。


屋根裏木材のカビ
屋根裏木材のカビ

カビは木材を腐らせる腐朽菌を呼び
結露し続ける屋根裏はシロアリの巣窟
なることがあります。

(シロアリは床下だけではありません)


屋根の形状にも問題があります。
ロフト付住宅は人気ですが、ロフトの
ある部屋は異様に暑い。
断熱効果と屋根裏換気が出てない証拠
と言えなくないでしょうか?

住宅街を歩いていると屋根裏換気のして
いない住宅が実に多いのです。


屋根裏のカビでお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。