ホーム>ブログ>畳・畳荒床のカビ

畳・畳荒床のカビ

畳がカビ臭い!と言われ防カビ工事


東京都内にて畳防カビ工事しました。

畳で就寝されている方も少なくなく
早めの対処が必要です。


お客様は、中古マンション購入をされ
入居間もなく和室畳のカビ臭さを感じ
和室が使えない状況になりました。


そこで、声をかけて下さった訳です。
女性が分からない業者に声をかける
のは本当に勇気のいること。

有難い!と思いながらの防カビ工事
でした。


和室に入ると、確かにカビ臭い。
畳を持ち上げてみたらどうか?


畳イ草巻き込んである厚み部分のカビ
畳イ草巻き込んである厚み部分のカビ



床板(荒床)はどうか?


床板(荒床)のカビ
床板(荒床)のカビ


カビてました。
床板(荒床)はパーチクルボードでしたので
湿気に弱いのでカビが発生する確率が高い
のです。


防カビ工事は、畳・壁紙・床板(荒床)に行い
カビ臭対策とさせて頂きました。


畳防カビ工事
畳防カビ工事


壁紙は、腰下までの防カビ工事です。

ヒーターで熱して乾燥させるのが一番
効率的です。
(火災報知器が気になるところですが
多くの現場では問題ありません)

それから、送風機の音がしますので
管理組合には事前の工事許可が必要に
なります。


工事期間は1日。
一晩だけ和室を使わないようにして
頂ければと思います。

翌日から使えますので。


今後の管理としては、湿度計を設置
して頂き、据え置き型除湿機で除湿

するのが妥当でしょう。

畳の上で就寝されるのであれば布団
乾燥機の出番もあります。


畳のカビやカビ臭が気になる方は
プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

 

 

 

防カビ工事がしやすい畳カビ


畳はカビます。
イ草でも和紙でも条件が整えばカビます。

畳にカビが発生すると一般的には自分で
カビ取りしたり、畳屋さんに依頼すること
があります。

それでもカビは再発して来ます。
そうなると、カビ取りではなく畳のイ草
表替えをすることになります。

表替えをすればOKならば、それに越した
ことはありませんが、イ草が新しいとカビ
やすくなるので日頃から畳に注意しないと
いけません。

中でも入居間もなくの賃貸住宅では和室が
ある場合は12月~5月までは結露の時期で
もありますので壁際の畳がカビやすくなり
ます。

(入居間もなくのイ草カビは実に多い)

5月と言ってもGW明けまでですので勘違
いしないようにお願いします。

5月の中旬ぐらいから9月末までは外気温
と湿度がグンと上昇する期間になりますの
で、イ草のカビが一気に広がることになり
ます。


そこで、防カビ工事という手があるのです
が、防カビ工事と言えども得意なカビと
比較的に苦手なカビがあります。

得意なカビはこちら。

ふわふわした畳カビ

ふわふわした畳カビ

畳の厚みの部分のカビ

畳の厚み部分のカビ

砂のように見える畳カビ

砂のように見える畳カビ

畳はイ草表面に発生するのですが、中でも
厚みの部分に発生するカビは実に厄介。

畳と畳が合わさる部分でもありますので
カビが再発しやすい部分でもあります。

畳下の荒床がコンクリートだったりすると
色とりどりのカビが大量発生することに
なります。当然防カビ工事も難易度が増し
ます。

ふわふわした畳カビや砂のように見える
畳カビは防カビ工事の得意分野。


ここで苦手な畳カビのご紹介です。


擦り付けたような畳黒カビ
擦り付けたような畳黒カビ

写真のような黒カビは防カビ工事の苦手な
カビになります。

擦り付けたように見えるカビは結露が原因
で発生します。
この場合は、イ草のカビが発生している
箇所の色落ちとイ草が傷むことをご承知
頂いた上での作業になりますが、このカビ
ついて言えば出来ればイ草の表替えをした
ほうが間違いありません。

イ草に塩素系漂白剤を利用するとイ草が
傷むので利用してはいけません。


それから、畳の防カビ工事をする際は
部屋の壁などに防カビ工事することを
忘れてはいけません。必須です!


畳のカビでお困りの時は、プレモ防カビ
工事をぜひご検討下さい。
※防カビ工事は畳のある部屋で行います。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


宜しくお願い致します。

明日は、埼玉県松伏町で令和最初の工事に
なります。なんと消臭工事です。
ペットのアンモニア臭の消臭工事です。
頑張ります!


 



 

畳下荒床からのカビ臭は早く解決しましょう


畳下荒床からカビ臭が発生すること
があります


特に6月~9月末にかけてカビ臭が気になる
季節ですから荒床からのカビ臭は要注意。

和室を寝室に利用している方は早期に防カビ
工事することをお勧めします。


畳下荒床のカビ

畳下荒床のカビ

上記写真のようなカビの場合、カビ発生状況
が酷い過ぎますので、荒床の交換も視野に入れ
る必要があります。

防カビ工事でも対応可能しますが、床下の
荒床裏側のカビも発生している可能性大です
ので床下の防カビ工事も行わないといけない
上に、和室全体の防カビ工事も必要になる
ことを覚えて頂く必要があります。

カビ臭が激しい場合、部屋中にカビ胞子が
大量飛散し壁天井を含め着落しているはず。
再びカビ臭を発生し難くさせるためにも
和室全体の防カビ工事は必須と言えます。


カビが発生している場所だけカビ取りすれば
OKではないのです。

畳下荒床のカビでお困りの時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。


宜しくお願い致します。

明日は、千葉県八千代市に下見で出掛けます。


 

畳のカビ応急処置


防カビ工事中に畳のカビ応急処置を
しました。


当初サービス的に行う予定でしたが…
ちょっとのカビの量では無かったので
どうしようか?迷いましたが、カビ発生
のままではいけないので強力な応急処置
を行った次第です。

 

畳に発生したカビ

畳に発生したカビ

畳に殺菌消毒中

畳に殺菌消毒中

畳に発生したカビは結露が原因のカビ
でしたので頑固そのもの。

通常の畳防カビ工事では…
掃除機(ヘパフィルター付)で吸い取り
イ草に沿ってカビの掻き出し
再び掃除機で吸い取り
防カビ施工で終わります。

今回の応急措置の場合、濃い目の殺菌消毒
を利用し、一定時間の漬け置きをしました。
その後乾燥させ防カビ施工で終わりです。

殺菌消毒してもイ草は傷みません。
本来は掻き出しが必要なのですが、ケース
バイケースでこのようなこともしています。

仕上がりは、カビが発生した場所は多少
イ草の色が変わりますが、経年劣化に見え
ることも無い範囲ですので問題無し!と
施工した私は思いました。

このようなことはたまにあります。


通常、畳の防カビ工事では殺菌消毒は
行いません。
消毒用エタノールは効果無し。
次亜塩素酸ナトリウムはイ草が溶ける。
だから安易に殺菌消毒は出来ないのですが
プレモでは畳に殺菌消毒を行います。

色々な考えがあると思いますが、出来れば
殺菌消毒は必須だと思う次第です。
ただ、畳のヘリがエンジの布タイプだと
脱色変色するので行えないことがあります。


4月になりました。
1年で一番朝晩と日中の寒暖差が激しい月
ですので、結露やカビ繁殖によるカビ臭が
激しく感じるようになるのもこの4月です。



カビやカビ臭が気になる方はプレモ
防カビ工事をご検討下さい。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
神奈川県・千葉県にも対応します。

他の地域にも対応していますので
詳細は対応エリアを参照下さい。

宜しくお願い致します。

明日は、神奈川県横浜市内2件の下見
サンプリングテストを行います。
頑張ります!

 

畳のカビ臭対策


畳がカビ臭い。
畳にカビが発生している。


という問合せがあります。


伺ってみると、確かにカビ臭いのです。
そこで畳を持ち上げてみると…



畳の縁に発生しているカビ

畳の縁に発生しているカビ


そしてもう1つカビ臭さを助長する原因がありました。



荒床の敷物のカビ

荒床敷物のカビ


畳下の床板(荒床)に防虫防臭のシート(紙製?)を敷き込む
家は意外と多くあります。
畳屋さんがお勧めしてくれますから仕方ないのですが。


ところが床下からの通気を塞ぐことにもなりますので
畳がカビ易くなるのです。


物には長所と短所がありますので、どちらを優先するべき
か?を考えないといけません。



このようなケースの対応方法としては…

1)畳の表替え
2)防虫防臭シートの撤去


畳の表替えが済んだら畳イ草に防カビ処理するのが賢明です。
お客様のご予算にもよりますが、畳を長持ちさせる意味でも
防カビ工事は検討する価値があるでしょう。




畳のカビでお困りの時は、プレモの防カビ工事を
ぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都(離島を除く)になります。
神奈川県・千葉県にも対応していますが一部地域に
なります。



宜しくお願い致します。


 

空室管理と畳のカビ


分譲賃貸関係なく空室管理するのは大変です。
特に、畳のカビ対策や和室などのカビ臭対策はとても大変。


仕事だから仕方ないのですが、1日に何度も空室管理で行く
訳にもいきませんので、カビが発生し易い畳や和室などには
事前のカビ対策が必須となります。




畳のカビ対策は難しい

畳のカビ対策は難しい



畳のカビ対策は難しいものです。


賃貸なら入居日が決まった直後に表替えをする管理会社が
多いと思います。

売買物件でも同じように契約が決まってからの表替えが
ベストでしょう。

入居者や購入者が契約する前から表替えしてしまうのは
一番やってはいけないことです。
畳のイ草が日焼けしますし、畳の良さが無くなります。

そして何より、カビが発生して来ます。


畳のカビは色々な形があります。
黒い線のようなイ草に沿った形で発生するカビもいます。
上記の写真のような粉に見えるカビもあります。
綿あめのようなホコリのように見えるカビもあります。


消毒用エタノールでカビ取りしても、天日干し
してもカビは止まりません。


最近では畳を燻製?蒸す手法を採用している話も聞きますが

どの程度の効果があるのか?は不明です。
少なくともカビは蒸しても死滅することはありません。



プレモでは畳イ草に防カビ工事することをお勧め
しています。

ただし、畳がカビ易いような高い湿度が保たれているような
環境で「カビ防止」を求められても明確な返答は出来ません。

その場合は、まず高い湿度を何とかしないとダメです。
初歩的な話で恐縮ですが、意外とおろそかにしている方が多い
ので書かせて頂きます。



空室管理をされている担当者の皆さん、畳のカビで
お困りの時はプレモの防カビ工事をぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都(離島を除く)になります。
神奈川県・千葉県にも対応していますが一部地域に
なります。

※神奈川県・千葉県にお住まいの方で、監理されている物件が
防カビ工事対応地域か?は事前の問合せをお願いします。



宜しくお願い致します。


明日から、千葉県千葉市美浜区にて防カビ工事です。
頑張ります。

 

 

夏は表替えした畳がカビ易い


夏は表替えした畳がカビ易い。


賃貸売買物件などで入居前に表替えし、夏の間
に数日間留守にしていると表替えした畳にカビが大量発生
していることが実に多いのです。



表替えした畳イ草のカビ

畳表替えしたイ草のカビ


留守にしていた和室は、高温多湿になりやすい
のでカビには繁殖のための環境と言っても間違いでは
ありません。




畳のイ草だけではありません。
家具(MDF素材を利用した家具)は、TVデッキや本棚や
ベッドまでカビてしまいます。

そして、壁にも大量のカビ胞子が目に見えませんが着落
してしまうことになりかねません。



畳にカビが発生すると自分たちで何とか対応しないと
いけないと考えがちなのですが、下手に消毒用エタノール
や天日干し、除菌スプレーや除菌ティッシュで拭き取って
もカビが無くなることはありません。
逆にカビ胞子を広げてしまうことになりますので注意下さい。




防カビ工事専門業者プレモでは、賃貸や売買
物件の畳イ草の防カビ工事を行っています。



畳イ草防カビ工事中

畳イ草防カビ工事中


畳は、イ草だけでなく裏の断熱(スタイロフォーム)部分にも
行いますが、一番厄介なのは裏面ではなく縁です。
畳と畳が合わさるので空気が動かなくカビが非常に発生
し易い場所でもあります。
※分譲マンションでは、畳下の荒床がコンクリートのケース
も多く新築の場合畳にカビが発生するケースが多いので事前
の防カビ工事が必須と言えます。

※和紙の畳も分譲マンションや戸建では人気ですが、和紙の
畳はカビ難いと言われていますが、和紙にもカビは発生します。
むしろ和紙にカビが発生すると結構面倒な防カビ工事になる
ことがあります。



プレモの防カビ工事では、畳全体及び壁、荒床
に対しても防カビ工事して対応しています。


そして特徴的なのが畳に殺菌消毒をしっかり行って
いる点だと思います。
※消毒用エタノールは使用していません。

イ草に発生したカビを除去するには殺菌消毒が
欠かせません。
殺菌消毒を行わないと不快なカビ臭が残留する
ことになりかねませんので畳に殺菌消毒は必須
なのです。




畳のイ草や荒床(床板)にカビが発生した時は
プレモの防カビ工事をぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都(離島を除く)になります。
神奈川県・千葉県にも対応していますが一部地域に
なります。



宜しくお願い致します。

 

畳がカビ易い季節がやって来た


畳がカビ易い季節がやって来ました。

4月・5月・6月に畳を新床に変えて畳を入替えた和室。
引っ越しなどで、4・5・6月に畳の表替えをされた和室。
半地下・地下居室に畳があるケース。

※半地下・地下居室・店舗に和室がある、畳が敷かれているのは
問題外の外でしょう。(禁忌の行為です)
築2年までの新築住居(戸建・マンション共)の和室の畳。

畳のイ草が新しいと湿気を取り込み易いのでカビが発生し易く
なりますので、日頃からの畳の管理が必要がです。



例えば、賃貸アパート・賃貸マンションで奥さんが都合で
3日間実家に戻っていただけなのに、帰って来たら畳の
表面にフワフワしたカビが発生して気持ち悪かった!

などの(湿気の多い季節に)家を留守にする時間が
多少長くなるとカビが一気に発生し易くなります。

 

カビ易い畳の縁(へり)

カビ易い畳の縁(へり)

湿気の多い時期や場所で発生し易い畳のカビ

湿気の多い場所などで発生し易い畳のカビ

畳の縁(へり)はカビが非常に発生し易い場所ですが
普段見る場所ではありませんので、分かり難いかも
知れません。
この畳の縁(へり)のカビは非常に再発することが多い
ので防カビ工事も厄介なのです。
酷い時はいたちごっこになることすらあります。

イ草のカビは、さまざまな形で発生して来ます。
フワフワしたカビ、砂のようなカビ(上記の写真)
べっとこびりついたようにみえるカビなど色も形も
さまざまです。


プレモの防カビ工事は、吸い取り→掻き出し
→殺菌消毒→防カビ施工を行います。

※プレモの殺菌消毒では消毒用エタノールを
使用しません。
消毒用エタノールはカビの殺菌効果には効果
がほとんど期待出来ませんのでお間違いなく。


畳の縁(へり)、表面イ草のカビは掻き出しが重要であり厄介。
再発し易い環境下であれば尚更です。


それから、今では和紙の畳もアレルギーを持病に
されているお子さんのいるご家庭で人気ですが
和紙の畳はカビ難いと言われていますが、条件が
整えばいくらでもカビますので勘違いしないで
下さい。



畳のカビは、お請けするにも和室全体の防カビ工事
が必須になりますので、防カビ工事費用も多少アップ
することがあります。

畳の防カビ工事をご検討される皆様は、防カビ工事
費用がいくらかかるのか?を知りたい場合は、電話
で問合せ相談下さい。(メールで料金の明示はして
おりません)


対応地域は、埼玉県全域・東京都(離島除く)全域に
なります。神奈川県・千葉県は対応範囲が狭くなります。
対応地域は、事前に問合せ相談下さい。


 

マンション団地は冬に畳がカビ易い


マンション団地は冬に畳がカビ易い
のです。


梅雨~夏にかけても畳はカビ易いのですが、同じレベルで
畳のカビ発生に注意を払わないといけません。


マンション団地は冬に畳がカビ易い

マンション団地は冬に畳がカビ易い

畳の上にジュータンなどを目一杯敷き詰める。

和室に加湿器を使い過ぎる。(温度湿度高め)

ガスファンヒーターや石油ファンヒーターなど
を他の部屋でも利用している。


和室壁に掌を当てると、しっとりと濡れている。

このような状況の時は、畳のカビを疑いましょう。
畳は非常にカビが発生し易い素材です。

除湿や防カビ工事を事前に畳に行っておくと良いでしょう。


畳のカビでお困りの時は、プレモの防カビ工事を
ご検討下さい。


地元埼玉県・東京都を中心に神奈川県を含む関東一円
に対応しています。




 

畳床板(荒床)からのカビ臭


和室の畳下からカビ臭がする。

夏の時期に非常に多く聞かれる現象です。
梅雨から夏過ぎにかけて、気温と湿度が高くなり膝下よりも下の
高さに湿気が溜まり込みます。

床下
半地下
地下室
傾斜地の家やマンションの傾斜地側の壁
畳及び畳床板(荒床)


カビ臭い!と思い、畳を持ち上げてみると畳床板にカビがビッシリ
発生していることがあります。



畳床板(荒床)に発生しているカビ

畳床板(荒床)に発生しているカビ


ここまで畳床板(荒床)にカビが発生していると床下側もカビています。
こういうカビが発生している場合は、建物の立地条件が湿気やすい
場所であることが推測されます。

別荘や避暑地の宿泊施設などが代表的です。


カビ対策として一番良いのは、解体して造り直しです。
その際に、床下に湿気対策を施すのが妥当でしょう。
畳を敷く側には防カビ施工するのは当然の工事だと言えます。



畳下からのカビ臭が発生している場合、写真のようなこともありますが
湿気対策と称して畳屋さんが敷く湿気シートはなるべくなら逆効果に
なりますのでお止め下さい。
ビニール系であればむしろカビ増殖シートになります。


畳の部屋で就寝するなら、早期に防カビ工事を行うこと
をお勧めします。
カビ臭などで健康被害が発生する前にぜひご検討下さい。



畳及び畳床板(荒床)並びに床下の防カビ工事は
埼玉県・東京都・神奈川県を中心に関東一円に
対応しています。