ホーム>ブログ

ブログ

【天井裏結露】カビを軽視してはいけない!


天井裏結露から発生するカビを軽視
してはいけません。




天井裏結露カビ



このような天井裏状況は、ホテル系
や新築の社宅・寮などにまで見られ
る光景です。


このような場合、天井裏の空気が冷え
コンクリート躯体に激しい結露が発生
するのが大きな原因になるのですが
解決策として大きく解体する必要が
あります。


コンクリート躯体剥き出し状態にして
コンクリート躯体防カビ工事
②コンクリート躯体断熱工事
③換気場所の設置
④配管結露防止
を行ったうえでの復旧工事になります。



ここ4年ほどで、このような現場を
多く見て来ましたが、費用がかかるの
で工事にまで至らず、小手先の修繕
で終えているようです。



店舗や建物を作る時のイニシャルコスト
をケチるから、こんなことになるのです
から、建築会社や一級建築士の責任は
多大です。


天井裏結露によるカビはお気をつけ
下さいませ。



住まいのカビやカビ臭でお困りの時
は、プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。
群馬県・栃木県・茨城県にも対応して
います。



お気軽にお声かけ下さい。

 

【中古マンション】天井壁紙コンクリート下地カビ


中古マンションはカビやすい。


壁紙コンクリート下地が結露
しやすいので当然のこと。


特に、冬から春にかけて発生
する結露がカビ発生・増殖させる
大きな原因になります。




天井がカビると、日々カビ胞子
をシャワーのように浴び続ける
ことになると住む人のカビにより
健康被害が発生する可能性があり
ますので、天井カビは出来る限り
早い時点で防カビ工事することを
お勧めします。





過去例になりますが、天井壁紙
コンクリート下地カビのプレモ
防カビ工事をご覧下さい。


 

中古マンション壁紙コンクリート下地カビ
壁紙コンクリート下地プレモ防カビ工事後

 


プレモ防カビ工事では、発生し
ているカビの漂白脱色及び出来る
限り死滅させるダブル殺菌消毒と
カビの発育阻害環境を作る防カビ
施工を行い、カビに対する抵抗力
を天井壁紙コンクリート下地に
付けました。



どんなに良い工事をしても、結露
は発生してしまうものです。


ですから、お客様の住み方の工夫
がとても重要になります。


空気の循環と乾燥をキーワードに
日々湿度管理して頂ければと思い
ます。



住まいのカビやカビ臭でお困りの
時は、プレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。

※リフォーム会社からの工事依頼
もお請けしております。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。
※群馬県・栃木県・茨城県にも対応
しています。



お気軽にお声かけ下さい。


今日は、埼玉県越谷市で下見です。
声をかけて下さり、ありがとうござい
ました。

 

壁紙石膏ボード下地のカビを止め続ける難しさ


壁紙や壁紙石膏ボード下地にカビ
が発生することが良くあります。



特に多いのが、中古マンションで
あり、中古団地や社宅・独身寮や
別荘が挙げられます。



プレモは防カビ工事専門業者として
16年になりました。
防カビ工事専門業者15年以上の経験
で言わせて頂ければ、壁紙石膏ボード
下地のカビを止め続けるハードルの
高さを身に染みて感じております。



防カビ工事と一言で言っても、再発
しようとするカビ(真菌類)の力は凄ま
じく、カビを3年以上止め続ける難易
度の高さがあります。

ちなみに、1年未満でカビが発生する
のは防カビ工事とは言えません。



石膏ボード下地のカビを止め続ける
難しさをプレモは知っていますが
壁紙石膏ボード下地のカビには
プレモ防カビ工事が効果的です。



現状のカビを漂白脱色後に、出来る
限りの死滅をさせるダブル殺菌消毒
とカビ再発をし難くさせるカビ発育
阻害環境を作る抗菌コーティングで
ある防カビ施工の2本立てが非常に
効果的なのです。



過去例ですが…


 

壁紙石膏ボード下地防カビ工事前
壁紙石膏ボード下地プレモ防カビ工事後

 

石膏ボード下地カビをキレイにし
ただけでなく、カビの再発をし難
くさせることが何よりも肝心です。


過去、多くの壁紙石膏ボード下地
カビで手を焼いたことがあります
が、カビの再発を長期間(5年以上)
食い止め続けることの難しさを
感じております。



結露や家具を置いただけで空気が
動き難くなることがあり、カビ発生
要因になることが良くあるので
防カビ工事を必死に行っても、カビ
が再発する危険性が非常に高くなる
ことがあります。


プレモでは、プレモ防カビ工事と
お客様の生活の仕方の工夫でカビが
発生し難くなると考えております。




壁紙石膏ボード下地のカビで困った
時は、プレモ防カビ工事をご検討
頂ければと思います。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。
※群馬県・栃木県・茨城県にも対応
出来る地域があります。



お気軽にお声かけ下さい。

 

【カビ臭】中古マンション収納防カビ工事


カビやカビ臭で使えない収納を
使えるようにするプレモ防カビ
工事をご存じでしょうか?




分譲マンション・中古マンション
に限らず収納はカビやカビ臭が
非常に発生しやすい場所です。


カビが発生したらどうするか?
答えは簡単です。
現状のカビやカビ臭をリセット
し、カビに強い収納にすれば良い
だけの話。

だからと言って、ベニア交換と
言う話ではありません。



カビ臭い収納ベニアカビ



収納ベニアにはカビが発生します。
下手なカビ取りを自ら行うと
薬品跡が残り、救いようのない
収納ベニアになります。



カビ臭収納プレモ防カビ工事後



カビ跡もプレモ防カビ工事で分かり
難くなる上、カビ臭も大幅に軽減し
ますし、プレモ防カビ工事でカビに
強い収納ベニアになります。




中古マンションの収納はカビやすい
しカビ臭も発生しますので、カビに
強い収納にするには、プレモ防カビ
工事は最適です。




お住まいの収納ベニアのカビやカビ臭
でお困りの時は、プレモ防カビ工事を
ぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。



お気軽にお声かけ下さい。


 

【押入れ・収納のカビ臭】プレモ防カビ工事の勧め


押入れ・収納・クローゼットで
カビ臭いと感じたら、カビ対策
が必要になります。




カビ対策と言っても…
(高濃度)消毒用エタノール
壁紙張り
塗装

などをすることではありません。



プレモが言うカビ対策とは、カビ
の抵抗力をベニアなどの建材に
与え、カビやカビ臭を発生し難く
させることになります。




収納カビ臭防カビ施工中




目に見えるカビ(コロニー)が無い
のに、やたらとカビ臭い押入れや
収納・クローゼットがあります。



ご実家親戚の家社宅官舎
引っ越したばかりの賃貸住宅
別荘などが該当するでしょう。



カビ臭が染み付いた押入れや収納
などは、防カビ工事専門業者とし
て15年以上活動しているプレモで
もかなり厄介。


ベニアなどに繁殖している目に見え
ないカビを出来るだけリセットし
新たなカビが繁殖し難くさせるため
の抗菌コーティングである防カビ
施工を行い、カビの抵抗力を上げ
ています。




カビ臭いと感じた押入れ・収納や
クローゼットでお困りの時は
プレモ防カビ工事をぜひご検討
下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。



お気軽にお声かけ下さい。


 

【賃貸戸建】1階収納底板はカビやすい!


賃貸戸建の1階収納底板はカビ
が発生しやすい。



よって、底板にカビが発生して
いたり変色していたら大家さん
に話して、底板交換してもらう
か!カビ対策としてカビに対す
る抵抗力を上げるプレモ防カビ
工事することを言いましょう。




賃貸戸建1階収納底板カビ




問題は、収納や底板の劣化具合。
片手で底板に体重を乗せた時に
「ミシッ」と音がしたら交換時期。


交換する際に、プレモ防カビ工事
しておけば、カビに対する抵抗力
が上がりカビ難くなります。




賃貸戸建に長く住むことを決意
されている方で、1階収納の底板
や収納自体のカビを心配される時
は、大家さんに掛け合ってプレモ
防カビ工事する許可をもらって
早めに施工しましょう。




賃貸戸建1階収納のカビや事前の
カビ対策でお悩みの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。



お気軽にお声かけ下さい。


 

【中古マンションのカビ】断熱不良による結露と防カビ工事


中古マンションはカビやすい。

カビが発生する原因は結露



結露が発生する原因は様々です
が、中古マンションの場合では
アルミサッシと窓・玄関ドア(枠)
や断熱不良の壁天井や壁天井の
コンクリート躯体下地が原因と
なるケースがほとんど。



過去例ですが、プレモでも地域
によっては、結露対策として
断熱工事+防カビ工事を組み合わ
た工事を行うことがあります。

※費用が上がることと工事日数
がかかることが問題になると
思います。



過去例のご紹介ですので、連続
写真でご覧下さい。




梁と壁下地からの結露によるカビ

 

 

断熱の無い壁と躯体と梁カビ

 

 

壁と梁の下地とGLボンド撤去後

 

 

壁と梁コンクリート躯体防カビ工事後

 

 

断熱補強し石膏ボード下地と木巾木張り

 

 

壁紙張り・木巾木塗装・ジュータン貼りで完了

 


普通のリフォーム工事に見える
かも知れませんが、防カビ工事を
徹底的に行っていますので、発生
していたカビを一度リセットし
防カビ工事していますので、カビ
の発育阻害環境が作れました!


工事期間は、4日間。

コンクリート躯体に垂木ビス止め
で固定し断熱補強しています。


部屋は少し狭くなりましたが…
結露とカビでお困りのお客様には
事前許可を頂いて行っていますの
で、仕上がりには満足して頂けた
と自負しております。



上記のような断熱工事が絡む時は
大工の都合が大きく影響して来る
ので、事前打ち合わせが必要に
なります。(工事可能地域があり
ますので、事前にお声かけ下さい)



最近は、床の貼替などの依頼も
増え、少しずつ大工工事も行う
ようにしています。



中古マンションのカビでお困りの
時は、プレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。



プレモ防カビ工事の対応地域は
埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。



大工工事対応地域は
埼玉県・東京都(練馬区・板橋区
北区・西東京市・清瀬市などの
埼玉県寄りの地域になります)



お気軽にお声かけ下さい。


 

【分譲賃貸マンション】結露とカビで困っている人が多い


分譲賃貸マンションの結露とカビ
で困っている人が多いようです。



分譲賃貸マンションと言うのは
新築から築30年過ぎまでの分譲
マンションの区分所有権者が第
三者に住まい(部屋)を貸すこと
になるのですが…



一般の賃貸マンションのように
戸数が少ないので、一戸にかける
費用が非常に高くなります。




分譲賃貸マンションの壁紙カビ




分譲賃貸マンションの場合は費用
をかけやすい点が利点ですが…



間違った対策が多い点も挙げられ
ます。


例えば、内窓取付れば結露止まると
思って設置。

例えば、珪藻土を塗ったり、珪藻土
壁紙を張ったり、珪藻土パネルを壁
に貼ったりする。

例えば、断熱が足りないor断熱無い
場合断熱補強して造作工事すれば
結露が減ると考えること。


それらがいずれも効果無い時があり
ますので、お金をかけてやれば良い
訳でもありません。

(そこが難しい!)




分譲賃貸マンションに住む人は長く
住みたい!と思っている方が多いと
感じています。


結露は、様々な要因で発生します。
それについてはまた別の機会に。



結露対策が裏目に出ないようにしな
いといけませんし、カビに対する
工事も間違ってはいけません。


カビやカビ臭で困った時は、防カビ
工事が有効なのですが、目先の費用
ばかり目が行き、安かろう悪かろう
のいい加減な工事をしないようにする
べきでしょう。




分譲賃貸マンションのカビでお困り
の時は、プレモ防カビ工事をぜひ
ご検討下さい。

※ユニットバス以外の室内カビに
対しての防カビ工事になります。


対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。

 

【購入後のカビ対策】中古住宅・中古マンション購入後に防カビ工事を!



中古住宅・中古マンション購入後
リフォームし、販売する不動産会社
は今でも多いのですが、その多く
はカビに対して防カビ工事などを
行っておりません。



写真は、中古マンション購入後の
リフォーム時での防カビ工事箇所
打合せ時のものです。



中古マンション購入後のカビ



中古住宅や中古マンション購入後
販売するためのリフォームを行う
なら、建材交換だけでなくカビに
対する抵抗力を上げる意味でも
カビが発生しやすい場所に対して
もプレモ防カビ工事することを
お勧めします。




カビに対して安心安全な中古住宅
中古マンションを販売されるなら
販売前のリフォーム時にプレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。

 

階段下収納や押入れはカビ抵抗力を上げる必要がある


階段下収納や押入れは非常にカビ
が発生しやすい場所です。



カビが発生する主な原因は“結露”


結露を発生し難くさせるために
断熱補強するのも1つの方法。


特に底板は非常に危険です。



階段下収納底板カビ



断熱補強出来れば良いのですが
断熱補強すらし難い階段下収納
や押入れもあります。


対策としては、結露を発生し難く
するための収納方法を考える必要
があります。



そして、もう1つの対策として
カビに対する抵抗力を上げること。



一般建築(リフォーム含む)において
解体して造作工事(つくり直し)すれ
ば、それで終わりになります。


言葉遊びではありませんが、建材
交換しただけで、カビ対策とは
言いませんし、カビに対する抵抗力
があるとは言い切れません。




プレモ防カビ工事では、交換する
ベニア自体に抗菌コーティングを
施し、カビに対する抵抗力を上げ
る工事を行っています。



中には、下地である垂木なども
ありますので、別途防カビ剤を
検討し、出来る限り最適な環境
を作るように配慮しています。



階段下収納は特にカビやすい。
そしてカビ臭も放つようになり
ますので、費用面もあるでしょう
が今までよりも一段二段レベル
の高い本当のカビ対策をされる
と安心して使える階段下収納や
押入れになるでしょう。



階段下収納や押入れのカビや
カビ臭でお困りの時は、プレモ
防カビ工事をぜひご検討下さい。

地域限定になりますが、状況
次第で押入れ解体→つくり直し
までの作業もお請けすることが
出来る場合があります。



対応地域は、埼玉県・東京都です。
千葉県・神奈川県にも対応しています。


お気軽にお声かけ下さい。


明日は、東京都北区板橋区
下見になります。